キャンパスライフ

Sei-Tan News!

2016.12.21(Wed)

学生が運営するプレゼン大会を実施しました!(1年次編)

12月17日(土)

必修科目「プレゼンテーション」を受講する全1年次生によるプレゼン大会が行われました。
今年7月に行われた先輩のプレゼンテーション大会での気づきを踏まえ、今回は自分たちが主役です。

教室でのスライドを使用した口頭発表とポスターセッションの2部門構成で行われた大会は、プログラムの作成や準備・運営の全てを、1年次6名の実行委員が中心となって実施しました。
口頭発表部門では、30名の学生がICT・AI・就活・教育・低燃費・女子力など、それぞれのテーマで自分の意見を述べました。
また、ポスターセッションには137名の学生が参加。それぞれのテーマについて個々に解説を行いました。

口頭発表者のコメント

A.Sさん 経営実務科1年次(石川県 工業高等学校出身)
大講義室での発表は思った以上に緊張しましたが、すごく楽しい経験でしたし、またしたいです。次はもっと相手とのキャッチボールが出来たらいいと思います。ポスターセッションになると表現の仕方などいろいろ変わってくるので良かったです。

R.Tさん 経営実務科1年次(富山県 石動高等学校出身)
口頭発表をしたのですが、聞き手に「おもしろいな」と思ってもらえるプレゼン・話す内容にすることは難しい、と感じました。自分では「笑顔で話そう」とか、「話すスピードの強弱に気をつけよう」など思っていたのですが、発表していると緊張してそれを忘れてしまいました。もっと、人前で話す経験を積んで慣れたいです。

M.Dさん 経営実務科1年次(石川県 金沢商業高等学校出身)
口頭発表としてプレゼンしました。緊張して上手に笑うことができず悔しかったですが、サークルでの後悔であった「周りを見ながら話す」ということは意識できましたし、しっかり準備してこれたので良かったです。

M.Mさん 経営実務科1年次(石川県 小松明峰高等学校出身)
最後の最後に間違えて、とてもとても残念でした。本当に心残りです。口頭発表者の方々が上手すぎてとても緊張しました。自分はまだまだだと改めて感じました。機会を見つけてもっと練習しなければと感じました。

A.Yさん 経営実務科1年次(石川県 野々市明倫高等学校出身)
とても緊張したけれど、発表する機会をもらえたのでいい経験になったと思います。自分のプレゼンに反応してくれる方が多くてうれしかったです。みんなのプレゼンを見て良かった所を吸収していきたいと思いました。

授業意図
プレゼンテーションとは、単に自分の主張や説明を発表したり表現したりするだけのものではなく、相手の思考や認識、あるいは行動をも変えうるものである。この科目では、多様な状況設定でのプレゼンテーションや表現を練習することで、総合的なコミュニケーションスキルを高めることを狙いとする。また、自らの思考による意見について自分の言葉で適切に話せる人を目指し、そのために必要なスキルを自分の経験と他者の姿から学ぶ。

科目の具体目標
1.プレゼンテーションの対象者に最適な計画を実施するプロセスを学ぶ。
2.プレゼンテーションの目的の達成を意識して実施するプロセスを学ぶ。
3.グループで行うプレゼンテーションの計画から実行の過程において,自分の得意不得意を知りながら協力の仕方を考える。
4.プレゼンテーションに関して自主的に授業内外の活動に取り組む。
このページの先頭へ