金沢星陵大学女子短期大学部

NEWSSei-Tan News!

Sei-Tan News!

【就職】悔しさを無駄にしない!!メンタイコ合宿

2017.12.22

12月9日(土)・10日(日)

1年次を対象に就職合宿(通称メンタイコ合宿)を開催しました。
「メンタイコ」とは「面(メン)接 対(タイ)策・自己(コ)分析」から取ったもので、面接で素の自分の良さを伝えられるよう自己分析を深める合宿です。
厳しいという噂を聞きながらも勇気を出して参加した81名の1年次は、アドバイザーの2年次11名、大学4年次2名に支えられながら、長時間に渡る研修を乗り越えました。

学生のコメント

M・Kさん(経営実務科1年次 富山県 小杉高等学校出身)
「悔しがれる人は天才」という職員の方からの最後の言葉が印象に残りました。私は負けず嫌いで、何事も負けるということが嫌いです。今日の面接練習は本当に悔しいことばかりで、内容に自信を持っていてもそれを表現できなければ意味がないのだと痛感しました。
私が他の人よりも劣っている部分が明確に分かったので、これからはその部分を改め、絶対に就活で勝ち抜きたいです。今回、休日を返上してまで私たちに協力し、アドバイスしてくださった先生方、先輩方には感謝しかないと感じています。

T・Mさん(経営実務科1年次 石川県 金沢商業高等学校出身)
今回、作成した自分をアピールするための様々な文章を今後も継続してブラッシュアップし続けていくことが必要であると感じました。
今のままではとりあえず形になっているだけで、あまりインパクトがないと感じています。採用基準の中には“人柄が見える”というものもあったので、面接官の心に響き、スラスラと頭に入っていくようなPRができるよう、もう一度自己分析を深くしていくつもりです。また、学長がおっしゃっていたように、話し方は大きく印象を左右すると思うので、家でもしっかり練習していきます。

M・Oさん(経営実務科1年次 石川県 金沢錦丘高等学校出身)
メンタイコ合宿に参加して、少し自信がついたからといって自己分析を後回しにせず、ほかの人のいい部分を吸収したことと、今できている自己分析、学チカ(※)を合わせて自己PRを書き直します。
面接練習では、特に笑顔、立ち振る舞い、敬語がぎこちなくなってしまったので、日頃から気を付けようと思いました。具体的には、授業の発表など緊張する場で笑顔を意識し、キャリアデザインの授業の発言の際に敬語を使うようにするなどです。立ち振る舞いは家でこまめに時間をとって練習しようと思います。
※学チカ:学生時代に最も力を入れたこと

M・Eさん(経営実務科1年次 石川県 金沢伏見高等学校出身)
合宿も終わり、普段の授業生活に戻ってしまいますが、ここからは自分に厳しく、自己を分析し続けたいと思いました。
せっかく参加し、時間を使って悔しい思いや大変な思いをしたので、この経験を無駄にすることだけは決してしたくないと決めました。自分がやりたくないと思ったことに積極的に参加する、行動することで、自分のエピソードも増え、得られるものが増えることに気が付いたことは本当に良かったです。先輩たちとも何人かと仲良くなることが出来たので、残り少ない先輩のいる学校生活でたくさん声をかけて、助けていただこうと思いました。
まだまだ未熟だからこそ伸びしろはたくさんあると感じたので、ポジティブに闘っていきたいです。