金沢星陵大学女子短期大学部

NEWSSei-Tan News!

Sei-Tan News!

【地域連携】学生2名が出演協力した動画が公開されました

2018.06.18

6月18日(月)

金沢星稜大学・金沢星稜大学女子短期大学部は、銭湯の振興及び地域の生活衛生文化の継承について、今年5月より石川県公衆浴場業生活衛生同業組合金沢支部と連携し、地域社会の発展を目指していくこととなりました。
連携の第一歩として、学生年代を中心とする若者世代に、銭湯を知ってもらい利用を促す目的で、本学の学生・教職員の協力を得て、動画を制作いたしました。
この日、浴場組合でこの動画が披露されると共に、組合ホームページにも掲載されました。



動画出演学生のコメント

N・Tさん(経営実務科 2年次 富山県 上市高等学校出身)
銭湯について昭和のイメージを持っており、おじいちゃんやおばあちゃんしか利用していないのかと思っていました。今回の撮影で銭湯に伺った際、若い方々も多く利用されていると知り驚きました。
私は一人暮らしをしており、アパートでは水道代節約のためシャワーだけという日も多いのですが、銭湯の大きな湯船に浸かれば疲れも取れそうですし、リラックス効果もある気がします。特に、ブクブクしたお風呂が健康に良さそうです。
N・Hさん(経営実務科 2年次 石川県 金沢商業高等学校出身)
高校時代の通学路に銭湯があり、お年寄りしか利用していないと思っていたのですが、お店の方から学生もよく利用していると聞き、身近に感じました。
岩盤浴と電気風呂が好きなのですが、今回動画で紹介する金沢の銭湯には無いと知ってちょっと残念でした。ですが、サウナや水風呂、薬湯など、美容にも健康に良さそうなお風呂がいっぱいあると知りました。
アプリを登録すれば学割も利くので、学生のうちに地元の銭湯を利用してみたいと思います。