金沢星陵大学女子短期大学部

NEWSSei-Tan News!

Sei-Tan News!

【就職】就活情報解禁直前!グループディスカッション対策

2019.03.05

2月20日(水)

第8回就職ガイダンスが行われました。就職活動を終えた短大2年次・大学4年次合わせて19名のアドバイザーに見守られながら、就職希望の学生175名が参加しました。
普段の授業でも発表やディスカッションを重ねている1年次ですが、選考されていることを意識したディスカッションには、緊張した面持ちで取り組んでいました。

また、3月1日の就職情報解禁日前にすべきことを株式会社マイナビの担当者から教わり、気を引き締めました。
その後は先輩を囲んで就職活動への向き合い方、いま不安なこと、わからないことを確認。星短の強みは、大学4年次からもアドバイスをもらえることです。
「2年で4年を超える」意識で濃い日々を過ごしている1年次は、きちんと準備をし、今年も納得の進路を勝ち取る努力をしています。

参加学生のコメント

経営実務科1年次 R・Mさん(石川県 金沢伏見高等学校出身)
ディスカッションの中で班員が言った「相手の役に立つ、相手から感謝された時に仕事のやりがいを感じる」という言葉が心に残りました。自分にとって、来年から働きに出る際のモチベーションになったからです。
人のために動ける社会人になりたい、と思うことができました。

経営実務科1年次 N・Sさん(富山県 雄山高等学校出身)
先輩の話を聞いて、まだまだ自分にはやれることがたくさんあるし、やらなければならない事も山積みだとわかりました。
大学4年次の先輩に見せてもらった、合同説明会でのメモや会社研究のノートの量に驚き、「ここまでやって初めてもらえる内定なのだ」と実感しました。就活スイッチが、遅いですが入れられたのではないかと思います。

経営実務科1年次 M・Nさん(石川県 北陸学院高等学校出身)
「先輩の話」を聞いて、こうやって先輩方からお話を聞くのも最後なんだな、と思いました。こんなに近くで私たちの就活をバックアップしてくれる存在がいなくなると思うと少し不安だなと思うところもあるので、3月までにひとつでも多くのことを吸収して、頼れるところはとことん頼りたいなと思います。
どんなときでも優しく笑顔で対応してくれる先輩を見て、私もこんなふうになりたいなと強く思うので、頑張りたいです!!