金沢星陵大学女子短期大学部

NEWSSei-Tan News!

Sei-Tan News!

【テリム大生と交流】英語を通してコミュニケーションの大切さと楽しさを学びました

2019.07.25

7月15日(月)

「英語リテラシーI」の授業では「時間」をテーマにまず英語・日本語での時間の読み方を勉強し、次にpunctuality(時間を守るきちょうめんさ)についての診断テストを行いました。時間の読み方では日本人なら当たり前のように行っている「ふん」と「ぷん」の使い分けが、韓国人にとってはとても難しいという発見がありました。診断テストでは例えば家に招待された時何分前に行くかというような英語の質問を日本人学生が日本語に翻訳して韓国人学生にインタビューしました。その後日本と韓国の違いについて気付いたことをグループで話し合いました。
 

学生のコメント

経営実務科 1年次 R・Kさん(石川県 輪島高等学校出身)
英語リテラシーIの授業では、班活動を通してテリム大学の留学生と積極的に交流することができた。普段は授業を受ける側だけど、今回の授業では、留学生に日本語を教えながら授業を進めたことによって、より内容の理解が深まったと感じた。特に印象的だったのは、日本と韓国の違いについて学んだことだ。日本と韓国は隣国で、同じアジアということもあり、他国と比較すると違いは少ないと思っていたが、スライドショーでは意識や生活スタイルの違いから表れる文化の違いを感じられた。
また、同じ班の留学生が「韓国の学校にはプールがない」と教えてくれ、とても意外だった。「日本のアニメや漫画が好きで、将来日本で働きたい」とも言ってくれて、私が気づかなかった日本の魅力を新しい視点で知ることができた。
 
外国人の留学生と関わることは、私たちが日本について教えるばかりでなく、留学生からも教えてもらうことが多く、広い視野を持つきっかけになった。
今日1日で貴重な体験ができ、たくさん刺激をもらえる良い機会になった。
経営実務科 1年次 N・Sさん(石川県 羽咋高等学校出身
私はテリム大学の留学生と交流して、留学生は日本語をとても上手に話していたことに驚きを感じました。話すときには小さな声でボソボソと話すのではなく、大きな声で自信をもって話していて、最初は私には真似できないなと思いました。
私は英語を話すことが苦手で、高校生の時も学校に留学生が来ても、なかなか話しかけることができず終わってしまいました。だから、テリム大生のように間違いを恐れずどんどん外国語を話していきたいと思いました。
また、今回の交流会で日本と韓国の違いをたくさん知れて面白かったです。韓国のことはあまり知らなかったので、色々と知識を得ることができました。私たちの班の留学生は日本の漫画、特に「ドラゴンボール」が好きだと言っていました。それを聞いて日本の漫画は韓国でも人気があることを知れてうれしかったです。
次は私が韓国のことを調べて、挨拶程度の韓国語を勉強していきたいと思います。今回の交流会はとても面白く、学びがあるものでした。

経営実務科 1年次 H・Kさん(石川県 金沢西高等学校出身)
テリム大学からの留学生と一緒に授業を受けて、私も英語の勉強をもっと頑張って、コミュニケーション力を身に着けていかなければならないと実感しました。 日本語での時刻の読み方を教えるときに、相手に上手く伝わっているのか、ちゃんと教えられているのか、不安に思う時がありました。完璧な英語を話すことはできなくても伝えようとする気持ちが大切だと学びました。
英語リテラシーのクラスのメンバーと会話をするのとは違って実際に留学生と話してみると、スピードや発音などのレベルが全く違うと知って、もっともっと学んだ英語を使っていかなければならないと思いました。
普段、海外の人とのコミュニケーションをする機会がめったにないので、とても良い経験になりました。
 
経営実務科 1年次 K・Yさん(石川県 金沢商業高等学校出身
中学校・高校でも留学生と交流する機会が何度かあったが、自分の英語に自信がなく、積極的に話せなかった。今回のテリム大学との授業でも、あまり自信がなかったが、自分の英語がなんとか通じたり、相手も私の言いたいことを理解してくれようとしたり、色々と意思の疎通ができたと思う。まだまだ英語そのものの実力は全然だが、少しだけ自信がついたと思う。苦手科目なままの英語だが、自分の英語が通じる楽しさがわかったので、会話や相手に伝えることを意識して、英語の勉強に取り組んでいきたいと感じた。
また、今後このような機会があるなら、少しだけでも海外の方と話したり、交流したり、積極的に取り組みたいと思う。
経営実務科 1年次K・Kさん(石川県 北陸学院高等学校出身)
今回韓国人留学生と一緒に授業を受けてみて、初めての体験だったのでとても新鮮な気持ちでした。言語が違うので、きっとコミュニケーションをとるのは難しいだろうと、少し不安でしたが、私たちの話していることを理解しようと一生懸命聞いてくれたので、私も一生懸命わかるように伝えようと努力しました。その結果、言葉が分からなくても、とても楽しく授業を受けることができました。留学生と私たちは普段、全く違う言語を使って生活していますが、どちらも英語を学習しているので、一緒に英語の授業を受けたことで、英語という言語を使ってコミュニケーションをとることができるということに改めて気づきました。
私はもっと英語を勉強したいと思いましたし、英語を習得して外国人とコミュニケーションをとることができたら、自分の強みとなって自信がつくと思いました。