金沢星陵大学女子短期大学部

NEWSSei-Tan News!

Sei-Tan News!

【就職】ほし☆たび上海2019レポート♯2 百聞は一見に如かず

2019.10.16

9月10日(火)~9月16日(月)
~海を越えシブンを超える7日間~ ほし☆たび上海2019に参加した短大1年次4名、大学1・2年次48名、のレポートが届きました。往路の研修ではまだ緊張で自信がなかったクルーも、先輩スキッパーの支え、上海でお話を伺った駐在員の方からの刺激、そして、自分たちだけで計画した上海市内での旅で多くの出会いをし、パワーアップして、復路の研修では見違えるように積極的でした。

参加学生のコメント

ほしたびを基にする

経済学部経済学科 1年次 M・Yさん (富山県 桜井高等学校出身)
 
「自分が生活している場所から出てみる」
これは上海で働く銀行員の方のことばです。私は、大学生になって自分の地元から離れて一人暮らしをしています。自分が生活していた場所から離れてみることで、新しい友達を作ることや、方言の違いを感じることができました。富山から石川という近い距離ですが新しい発見をたくさんできていると感じました。これからもっともっと外へ出てみることでさらに新しい発見がたくさんできるのではないかとわくわくしました。
 
「帰りの船で外国人の方と交流できたこと」
私は、英語が苦手です。簡単な英語でしか話すことができませんでしたが、帰りの船で外国人の方と交流できたことがとても嬉しかったです。特に小さい子は手をつないでくれたり、『友達』と言ってくれたことはとても嬉しかったです。たとえ、あまり話せなくても気持ちが伝われば交流できるということを感じました。ジェスチャーしたり「話したい」という気持ちがあればなんとかなるというということを感じたので、積極的に外国の方と話したいと思いました。そしてもっと、他国の人と交流してみたいと思いました。また、もっと深い会話ができたらよかった、とも思うので、英語力も上げたいです。

経営実務科 1年次 R・Yさん(石川県 小松商業高等学校出身)
 
「上海に転勤して顧客との距離が近くなった(銀行員の方の話)」
今まで自分の中で「就職したら、一定のやりがいしか得られない」「後から違うやりがいは増えない」と思っていたところがありました。しかし部署が変わったり、役職が変わらなくても日本から上海へ勤務する場所が変わるだけで新しいやりがいが得ることができることを教わり、些細な事でもきっかけが生まれ、就職してからも自分のやりたいことに近づくことができるのだと感じてとてもうれしかったことが印象に残っています。

「スマホなしで上海観光」
言葉の通じない外国で、通信規制もあり、対策したつもりでしたがスマホが思うように使えませんでした。そこで上海を観光するメンバーで事前に下調べをしてルートを決めたり、観光している時にも、はぐれたらどこに集合するのかなどを常に決めてから行動するようにしたことで計画性が身に付きました。また、スマホではなく、ガイドブックの地図をもとに行動したので、道に迷った時には現地の人に何度も尋ねました。そうすることで積極性も身に付けられたと思います。

経営実務科 2年次 N・Sさん/スキッパー(富山県 雄山高等学校出身)
 
「1週間の研修でクルーの成長を肌で実感できたこと」
私は短大生のスキッパーとして参加していました。同じスキッパーでは四大の先輩方が大勢いたので、自分自身に劣等感を感じたり、不安を感じる場面が多くありました。しかし、自分なりに「クルーの力になりたい!」と強く思い、反省と工夫を繰り返しながらフィードバックやアドバイスを行っていました。私の話を真剣に聞きメモを取ったり、振り返りシートに明日への意気込みと改善を書いてくれていたクルーの姿が印象的でした。それが私自身のモチベーションにも繋がり、クルーの皆のおかげで成長できたと思っています。
最初のころのグループディスカッションでは、声を上げることもできなったクルーが、フィードバックを重ねるごとにどんどん積極的に発言してくれるようになり、1週間で見違えるように変化していたと思いました。また、消極的でなかなか前に出て発言できなかったクルーが最後の3分間スピーチで、時間いっぱいほしたびでの思いを語ってくれたときは感動で涙がでました。やりきった表情のクルーの皆を見ると、1週間で本当に見違えるように変化したなと感じました。ほし☆たびのスキッパーとして研修に携わらせていただけたことに感謝しています。