OPEN

全日本空輸株式会社/人文学部国際文化学科

全日本空輸株式会社
人文学部国際文化学科 M・Iさん(石川県 野々市明倫高等学校出身)

相手の立場になって行動することで、声にならない思いを汲み取り、心を通わすことができることを学生生活で経験できました。
私には旅行好きの祖父母がいます。祖父母が遠方へ旅行に行くたびに、毎回笑顔で安全に帰ってこられる背景には、非日常空間である機内でCAの方たちが家族の代わりに安全を守ってくださっていることに気が付きました。私も、お客様の「いってきます」と「ただいま」という当たり前のセットを守りたい、そう思うようになりCAを志望しました。就職活動中は、企業研究で得た情報を常に意識し、CAとして何が大切かを考えながら行動することで、安全やサービスに対する考えなどを再認識していました。
学生生活では、カナダへの留学や英語で観光案内などを行うサークル活動を通じて、異なる文化や背景を持った人達と関わることで、外国語を使う難しさと同時に思いが伝わった時の喜びを実感することができました。相手の立場や気持ちになって行動することで、目線や仕草から声にならない思いを汲み取り、心が通じる経験ができたのは私にとって、とても貴重な時間だったと思います。
言葉の壁を越えて、常に相手に寄り添う気持ちを忘れず、お客様一人ひとりに沿ったおもてなしができるCAを目指します。