OPEN

富山県教員採用試験・中高英語/人文学部国際文化学科

富山県教員採用試験・中高英語
人文学部国際文化学科 M・Yさん(富山県 福岡高等学校出身)

生徒一人ひとりの“居場所”となり、グローバルに活躍できる人材を育てられたら。
在学中に必ず留学でき、同時にCDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)で教員を目指すことができることに惹かれ、金沢星稜大学の人文学部に入学を決めました。教員を目指したきっかけは、高校時代の先生との出会いです。私も、悩んだり、もがいたりしながら成長していく生徒たちを側で支え、彼らの「居場所」になりたいと思いました。中でも英語教諭を目指したのは、英語を学んで初めて知ることができる文化や人、モノがある面白さに私自身が気づけたからです。また、グローバル社会に向けて、世界で活躍する人を育成したいと思ったことも理由の一つです。
1年次の冬にはオーストラリアへ5か月間留学。あえて高いレベルのコースを選択し、日本人は自分一人、しかも最年少という環境に飛び込みました。厳しい環境に身を置くことで、助け合いながら切磋琢磨できる仲間と出会い、最後まで諦めない姿勢が身についたと思います。
どんな時も胸にあったのは、“I’M POSSIBLE!”という言葉です。留学中、壁にぶつかってくじけそうになった時や、教員採用試験に向けての勉強中、諦めそうになった時も、「自分の力を信じること」を大切にしていました。
学校現場で日々起こる様々な出来事に対しても、粘り強く対応できる教員を目指します。