OPEN

就職・資格

就職・資格就職・資格Employment & Qualification Acquisition

KSU Grad Now

ANA 全日本空輸株式会社 客室乗務員 橋 本 愛 美 さん (2013年経済学部卒業)

大変ですが、やり甲斐のある仕事です。
キャビンアテンダント(CA)はサービス業務だと思われがちですが、一番大事なのは保安業務です。
保安業務ではANAはどこにも負けないと思います。「絶対ミスをしない」ということが前提ですが、もし小さなミスがあったとしても、必ず原因を検証して同じミスが起こらないように反省し、周りとも共有します。すごく良いところだと思います。「保安が最優先、安全第一」という意識を常に持って行動するようにしています。
もちろん、サービス要員としての能力も求められます。狭い機内なので物品も限られています。出来る事も限られてくるのですが、その中でいかにお客さまに喜んでもらえるか、クルーがいかに働きやすくできるかということを考えます。実際に自分が動くことで、お客さまが喜んでくださったり、クルーが働きやすい雰囲気をつくれたりした時に喜びを見いだせる。そんな仕事だと思っています。
周囲からは憧れられる仕事ですが、体力勝負なところもあり、見えないところでは大変です。でも、やり甲斐のある仕事です。

これから、結婚や出産などのライフイベントがあると思いますが、出来るだけ続けていきたい仕事だと思っています。どんどん後輩も入ってきているので、今後は客室乗務員のリーダー(チーフパーサー)のポジションもできるように勉強して、自分らしさを出せるサービスができたらなと思っています。
会社説明会でお会いしたCAに憧れて…
幼稚園の頃から憧れはあったのですが、本当になれるとは思っていませんでした。
就職活動が始まってすぐ合同会社説明会があったのですが、その時、ANAのブースでお話してくださった方が、実際にCAをされているとても素敵な方でした。CAは遠い存在だと感じていたのですが、その方は物腰が柔らかく、親しみやすさを感じさせてくださって、とても優しく説明してくださいました。その方に憧れました。この時、小さい頃から持っていた想いが再燃した感じです。
「専門のスクールにも通っていないと厳しいですか」と相談したところ、「そんなことは関係ないから、受けてみたら」と背中を押してくださいました。
大事なのは挑戦してみること
金沢星稜大学は、受験する資格試験を自由に決められますし、その取得に向けて、自分で勉強を組み立てて行きます。サークルや部活に入る入らないも自由です。何でも興味があることに挑戦してみて、それが上手くいったとしても、いかなかったとしても、「挑戦してみることで得られることがある」と学生生活で学びました。
今のお仕事も、ずっと挑戦し続ける仕事だと思っています。例えば、国内線から国際線へ変わったり、次へのステップアップがずっと続いていくので、挑戦する気持ちが大事だと思います。

「流星祭実行委員会」が私のきっかけ。
私は金沢星稜大学で充実した学生生活を送りたいと思っていました。まずは、学内で何か組織に入ろうと、サークル活動に参加しました。私が入ったのは、「流星祭実行委員会(学園祭実行委員会)」でした。それが、金沢星稜大学の本当の魅力を知るきっかけだったと思います。
学生が主体となった大きなイベントを、皆と協力して成功させる経験ができたことで、成長できたように思っています。

このサークルは、仲のいい人ばかりが集まったサークルとは違い、「これがしたい」という思いで集まった人たちばかりで、本当にいろんな人がいました。私の時は、流星祭実行委員会メンバーは役割で3つのチームに分かれていて、私はその内のひとつ「企画」チームに所属していました。3年次の時、「企画」の責任者をさせてもらったのですが、メンバー100人のうち45人が「企画」に所属していて一番大きなチームでした。
基本的にゼロから企画していくのですが、学部・学科も考え方も違う45人をまとめるということに大きな責任を感じていましたし、プレッシャーに弱くて、緊張しやすい性格なので、皆を引っ張っていけるのか不安もありました。意見がぶつかったり上手く行かない事の方が多くて、くじけそうになったことが何回もありました。でも、それをまとめて最終的に「流星祭」につなげることがでた時、大きな達成感を味わいました。
就職活動を除いた学生生活で一番つらかった時期がこの学園祭準備期間でした。
流星祭実行委員の仕事を通して気付いたのですが、私は、人のために何かをしたり人が喜んでいる姿を見ると自分も嬉しいなと思うことが多いです。
就職活動の時は、私の強みとして、そこをアピールしました。
就職活動みんなで楽しく乗り越える!
就職活動は、高校受験や大学受験と異なり、経験したことがない活動なので不安も大きく、何をするべきなのか分かりませんでした。
星稜は3年後期から4年までの半年間だけの集中的で厳しく濃密な就職支援が特徴です。「就職で逆転満塁ホームランを打つ!」を合言葉に、学生みんなポジティブに就職活動に取り組んでいます。
なかでも、ユニークなのは24時間耐久就職合宿です。4回あって、私も全てに参加しました。就職活動を終えた先輩達と泊まり込みでグループディスカッションや面接練習を行う中で、「就職でホームランを打つぞ!」と自然に思うことができました。この合宿で、大きな自信を得られるだけでなく、辛い就職戦線を共に戦い、一生の友人となる仲間を得ることができました。

現在、ANAでCAとして働いていますが、私が就職活動で航空会社を受けたのはANA1社だけです。
エアライン予備校も金沢にはありませんし、実際の就職活動では、エアライン業界に就職できるなんて考えておらず、自分の選択肢や世界観を広げるために100社近くの説明会に参加しました。
その結果、「この業界で働きたい」というより「この会社で働きたい」と思える会社を受けていきました。銀行、生損保といった金融業界や物流、メーカー、商社など業界を絞らずにいろんな仕事を知れましたから、「就職活動で見聞を拡げる」という一生に一度のチャンスを生かせたのかなと思います。
特に今は、さまざまな仕事に就くお客様を相手にしますので、就職活動で学んだことが今に生かされていると思っています。
最初の頃は、受けた会社に連続で落ちてしまい、不安になったり、落ち込んだりもしました。そんな時、支えてくれたのが就職合宿で共に就活メニューを食べて頑張った仲間たちです。彼らのおかげで辛い結果が続いた時でも落ち込まず、前向きに活動を続けることができたと思います。
また、そんな時に支えられた言葉があります。
過去は変えられないけど、未来は変えられる。
過去にあった事実は変えられないが、たとえそれが失敗だったとしても、それを活かして未来を自分の希望通りに変えていけたら、過去の失敗は失敗ではなくて、成功になるんだと。
私の大学生活にすごく合った言葉だと思っています。
他の大学に入った人たちが「アルバイトしかしてない。無事卒業できればそれでいい。」というようなことを言っているのを聞いた時、流星祭実行委員会の活動をしたりボランティア活動をしたりと常に「何かしたい」という気持ちを持ち続けることができたのは、この大学に入ったから。
私の大学生活は充実していました。星稜に来て良かったと思います。

カテゴリトップへ