OPEN

経済学科

カリキュラムカリキュラムDepartment of Economics

経済学科で学ぶ4年間

国家から家計まで、様々な経済主体における経済活動の動きを捉えて学びます。
経済の諸問題に関心を持ち、実用的な専門知識をもとに 社会における課題解決へと繋げます。

1年次

経済学の基礎を学ぶ
経済学は、限られた資源(労働、資本、土地)が社会全体で有効に活用されているか、またその成果が社会で公平に分配されているかを分析することを目的としています。こうした経済学について、まずは入門レベルとして基本的な考え方を説明する必修科目を重点的に学びます。

身につく力

○経済学の基礎知識や経済学的な考え方を理解する力
○情報を収集し理解する力

主な開講科目

■経済学入門 ■経営学入門 ■ミクロ経済学Ⅰ
■マクロ経済学Ⅰ ■経済数学Ⅰ ■経済数学Ⅱ
■簿記原理Ⅰ ■簿記原理Ⅱ ■法律学概論
■民法(総則・物権法) ■民法(債権法) ■外国史概論Ⅰ
■ビジネスイングリッシュⅠ ■ビジネスイングリッシュⅡ ■海外社会実習
■特殊講義Ⅰ ■特殊講義Ⅱ

2年次

理論を修得し分析法を身につける
基礎的な経済理論や、様々なデータを扱う経済分析手法などを身につけます。学科選択必修科目は、「統計・経済理論系」「経済 政策・応用経済学系」「歴史系」に分かれて開講され、関心ある系統別に学びを深めていきます。商学系および法学系の科目も受講でき、より幅広いテーマの経済分野に触れられます。

身につく力

○データを読解し分析する力
○共同で企画し組織として行動する力
■ミクロ経済学Ⅱ ■マクロ経済学Ⅱ ■経済統計学
■計量経済学 ■ミクロ経済学Ⅲ ■マクロ経済学Ⅲ
■経済学史 ■現代資本主義論 ■金融論
■金融政策論 ■財政学 ■租税論
■公共経済学 ■労働経済学 ■日本経済論
■都市政策論 ■地域政策論 ■地域経済学
■地域創生論 ■アメリカ経済論 ■アジア経済論
■中国経済論 ■マイクロファイナンス ■地域産業史
■日本経済史 ■ヨーロッパ経済史 ■アメリカ経済史
■アジア経済史 ■商法 ■会社法
■所得税法 ■法人税法 ■社会科・公民科教育法Ⅰ
■社会科・地歴科教育法Ⅰ ■外国史概論Ⅱ ■日本史概論Ⅰ
■日本史概論Ⅱ ■リサーチ・リテラシー ■外書講読A
■外書講読B ■特殊講義Ⅲ ■特殊講義Ⅳ

3年次

経済学を実社会に応用する
専門ゼミナールを基礎単位とし、各テーマごとに研究や活動を行います。現実の経済制度の仕組みや経済に係る諸問題について、地域におけるビジネスや行政、地域コミュニティの現場で実地調査するなどして学びます。自らの関心あるテーマ設定の準備段階になります。

身につく力

○課題を抽出・発見し分析する力
○ディスカッションし課題を解決する力
■専門ゼミナールⅠ ■専門ゼミナールⅡ ■応用計量経済学
■経済データ分析 ■ミクロ経済学Ⅳ ■マクロ経済学Ⅳ
■保険論 ■経済政策論 ■応用経済政策論
■社会政策論 ■社会保障論 ■都市経済学
■環境経済学 ■地方財政論 ■EU経済論
■国際経済学 ■応用国際経済学 ■国際金融論
■International BusinessⅠ ■International BusinessⅡ ■国際法
■社会科・公民科教育法Ⅱ ■社会科・地歴科教育法Ⅱ

4年次

学びを深化させ報告書にまとめる
これまで学んだ経済学の知識や理論をもとに、各々がテーマを設定し、卒業研究を始めていきます。設定した研究テーマに関する情報やデータを自ら収集し、整理・分析する過程で、担当教員の指導を受けながら、4 年間の集大成である卒業研究報告書を書き上げ、社会へと羽ばたきます。

身につく力

○文章を構成しプレゼンテーションする力
○自らキャリアを形成していく力
■専門ゼミナールⅢ ■専門ゼミナールⅣ ■卒業研究

カリキュラム

【経済学部】共通教育科目

【経済学科】専門教育科目

学部トップへ学科トップへ