OPEN

教育・研究

教育・研究教育・研究Education & Research

全学部共通教養教育

教養を深める。
それは、人間としていきいきと現代を生きる強さや力を身につけること。

本学の教養教育の特色は、基礎学力の修得にとどまらず、教養を深めるための多彩な分野にわたる科目が置かれており、全学年を通して多様に学べる「くさび形教育」と呼ばれる設計が成されていることです。成長する自分を探しながら、興味や関心の広がりに合わせて自らの教養を培い、現代の社会に適応する柔軟な態度を養い、思考の幅を広げていくことができます。
金沢星稜大学 教養教育部

身体感覚をスキルの獲得に活かす

言語能力や情報処理のような実践的なスキルを身につけるには身体の感覚を意識することが大切です。特に、英語など語学系の科目やパソコンを扱う情報系の科目では、身体感覚を意識的に見直して、何度も反復したり身体の動きに目を向けたりすることがスキルの獲得に必要不可欠なプロセスになります。

言葉を使って思考の多様性を学ぶ

知識のネットワークを支えるのは言葉とその力です。言葉は多様な概念を創り出し、いままで自分の知らなかった概念や現象に名前をつけることができます。また、言葉を使って絶えず問いかけ、自らの言葉を発して表現することで、思考力が高められます。特に、人文科学系の科目では、言葉の力を身につけて、考え方の多様性を学びます。

心の動きを理解して人とのつながりを深める

人を取り巻く状況と心の動きを想い描いて多様な角度から理解して課題に取り組み、人と人との絆を紡ぐ力を培います。身近にある様々な話題や状況や出来事について、適切な問いや応答がいつも求められます。その発言の内容を深め、観点を広げ、人とのつながりとコミュニケーションを豊かにしていくのは教養の力です。

「教養力」を強くする

教養教育においては、単に知識の集合として教養を学ぶだけでなく、人の生き方とその存在基盤である社会や自然のあり方を積極的に問い直す力の獲得につなげます。社会で生きる人間として、人生を切り拓くための目的意識を持ち、自ら能動的に学び、新たな視点や取り組み方を身につけながら、「教養力」を強くするために本学でともに学んでいきましょう。習う人から学ぶ人へ、そして多様な学びを求める人へ、さらに問いを発することのできる人になりましょう。

主な教養教育科目

人文科学系 哲学、論理学、心理学、倫理学、宗教学、歴史学、人文地理学、文化人類学、日本文学、英米文学、異文化コミュニケーション論
社会科学系 政治学、法学、日本国憲法、経済学、経営学、社会学、コミュニケーション概論
自然科学系 情報リテラシー、情報学、自然科学概論、基礎数学、統計学、環境学、自然地理学
外国語・言語系 英語、中国語、ロシア語、ドイツ語、フランス語、資格英語、日本語リテラシー
身体活動健康系 健康科学演習、スポーツ科学演習、 健康・スポーツ科学概論、スポーツ実技
発展系 課題演習、地域学・金沢、海外文化事情、海外研修

すべての学部の教養科目において、「クォーター制(4学期制)」を導入

金沢星稜大学では、すべての学部の教養教育科目において、1年を4つの学期にわけるクォーター制を導入しています。これまでの日本の大学では、1年を前期・後期の2つの学期にわけて授業を行うセメスター制が主流で、週1コマ×約4か月で学修していました。クォーター制では、週2コマ×約2か月の短期集中型の学修に変更することにより、1科目あたりの学びの密度を高めて教育効果の向上を図り、さらには短期・中期の海外留学も計画しやすい環境を創出できるようになっています。

カテゴリトップへ