OPEN

教育・研究

教育・研究教育・研究Education & Research

全学部共通教育

教養を深める。
それは、現代社会の中でいきいきと生きる、人間としての強さや力を身につけること。

本学には、学生としての基礎力と教養を培うための科目として、人文科学、社会科学、自然科学、身体活動など多様な分野にわたって教養教育科目が置かれています。

本学の教養教育科目の特色は、基礎学力の習得にとどまるだけでなく、全学年を通して教養を深めるための科目としてその内容が設計されていることです。こうした教養科目を学ぶことによって、自らの教養を深め、現代社会に適応する柔軟な態度を養うことができるでしょう。

また、人の生き方とその存在基盤である社会や自然のあり方を積極的に問い直す力の獲得につながります。社会で生きる人間として、人生を切り開くための目的意識を持ち、自ら能動的に学び、新たな視点や取り組み方を一緒に見出していきましょう。

金沢星稜大学 教養教育部

身体の動きの感覚をスキルの獲得に活かす

言語能力や情報処理のような多様なスキルを身につけるには身体の感覚を意識することが大切です。特に、英語をはじめとする語学系の科目やパソコンを扱う情報系の科目では、身体感覚の意識的な見直しがスキルの獲得に必要不可欠なプロセスになります。

言葉を使って思考の多様性を学ぶ

知識のネットワークを支えるのは言葉の力です。言葉は多様な概念を創り出します。言葉を使ってたえず問いかけ、自らの言葉を発することで、思考力が高められます。特に、文学や哲学など人文科学系の科目では、言葉の力を身につけて、考え方の多様性を学びましょう。

心の動きを理解して人とのつながりを深める

教養教育科目では、人を取り巻く状況と心の動きを想い描いて多様な角度から課題に取り組み、絆を紡ぐ力を培います。様々な話題や状況について、適切な問いや応答がいつも求められます。その発言の内容や観点を広げて、人とのつながりとコミュニケーションを豊かなものにしていくのは教養の力です。

すべての学部の教養科目において、「クォーター制(4学期制)」を導入。

日本の大学では、1年を前期・後期の2つの学期にわけて授業を行うセメスター制が主流ですが、金沢星稜大学ではすべての学部の教養科目(※)において、1年を4つの学期にわけるクォーター制を導入しました。これまで、週1回×約4か月で実施していた科目を、週2回×約2か月という短期集中型のスケジュールに変更することで、1科目あたりの学習密度を増加し、教育効果の向上をはかり、さらには海外留学しやすい環境の創出などを実現します。

※教養科目とは…
学生としての基礎力と教養を培うための科目として、人文科学・社会科学・自然科学・身体活動など多様な分野にわたって設置されている科目です。特長は、全学年を通して教養を深めるための科目とし、その内容が設計されていること。自らの教養を深め、現代社会に適応する柔軟な態度を養うことができるだけでなく、人の生き方とその存在基盤である社会・自然のあり方を積極的に問い直す力の獲得につながります。
社会で生きる人間として、人生を切り開くための目的意識を持ち、自ら能動的に学び、新たな視点や取り組み方を一緒に見出していきましょう。

カテゴリトップへ