OPEN

経済学部

経済学部経済学部Faculty of Economics

経済を学ぶ。
それは、あなたが未来を生きる力になる。

経済学とは、あなたが未来を生きていく力です。 金沢星稜大学経済学部では、ゼミナールを中心とした体系的な講義を通じて、経済学・経営学の各分野で確かな基礎力とビジネスの現場で役立つ知識と技能を兼ね備えた、地域社会で活躍できるビジネスパーソンを育成します。

経済学科

理論と実務能力を兼ね備えた、社会が求めるビジネスパーソンへ。
経済学は、どんな仕事に就いたとしても必ず力になる学問です。

経済学科

経営学科

経済・経営の知識をもとに、社会をマネジメントする人材へ。
経営に直結する優れたマネジメント能力を養成します。

経営学科


POINT1 / 基礎ゼミナール

1年次では「聴く」「読む」「書く」「調べる」「表現する」などの能力向上とともに、論理的思考法を実践的に学び、ディスカッションスキルも高めます。2年次では学問がどのように実社会の課題解決に役立てられるのかを、地域課題を通して考察。最後に臨む成果報告会では、要点整理やプレゼンテーション能力も求められます。

POINT2 / 専門ゼミナール

3年次と4年次では専門分野の学問探求をより深め、その学びを問題発見・問題解決につなげます。特に卒業研究ではテーマ設定から解決提案まで主体的な取り組みが求められるとともに、他者の研究にも助言などで積極的に関わり、ゼミ活動の意義を学びます。

POINT3 / キャリア科目

大学の学びの目標は厳しい就職戦線に勝ち抜くことではありません。
目先のゴールではなく、豊かな人生を送るためのキャリア形成を考えることが本学でのキャリア教育です。将来を見据えて視野を広げ、自分の興味と可能性をもとに目標設計・職業観を形成する科目群です。

Faculty of Economics

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学部では、学士課程教育を通じて、以下の[知識・理解][汎用的技能][態度・志向性][総合的な学習経験と創造的思考力]を修得した学生に、経済学科は学士(経済)、経営学科は学士(経営学)の学位を授与します。
 
  • 経済事象の問題点の認識、情報収集、分析、解決策の提案に必要な知識と能力を身につけていること。
  • 経済活動を理論、政策、歴史の観点から学び、論理的な思考と全体を総合的に把握し、それを文章に書く能力を身につけていること。
  • 組織の一員としての判断力、行動力、コミュニケーション能力を身につけ、自らの考えを的確に表現する能力を身につけていること。
  • 社会の一員として地域社会及びグローバル社会の課題を見出し、その解決に積極的に関与していく姿勢・態度を身につけていること。

教育課程編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

経済学部は、教育研究上の目的達成のため、以下の教育課程を編成し、実施します。
 
<専門教育>
経済学部では、入門レベルの「学部必修科目」、「学科必修科目」、その応用にあたる「学科選択必修科目」、経済学の周辺領域である「学部選択科目」を設置し、入門から応用へと段階的に学べるよう専門科目を配置しています。
また、卒業研究報告書を作成する「卒業研究」を必修化しています。
 
<ゼミ教育>
ゼミ教育では次の能力を身につけます。
  • 課題抽出・分析・解決能力
  • ディスカッション能力
  • 文書構成・プレゼンテーション能力
  • チームワーク能力
教養ゼミナール
1年次:大学生として学ぶ力(アカデミックスキル)を身につける。
基礎専門ゼミナール
2年次:地域社会、グローバル社会における諸課題をテーマとして、研究スタイルを学ぶ
専門ゼミナール
3年次:専門分野の基礎学修
4年次:専門分野の発展学修
 
<卒業研究>
卒業研究報告書の作成と発表
 
<英語教育>
広い視野と国際感覚を身につける
 
<情報教育>
基礎的な情報技術の取得と学修への応用
 
<教養教育>
「外国語」「人文」「社会」「自然」「スポーツ」「言語」を基盤として構成
 
<キャリア教育>
キャリア形成に必要な能力や態度を育成

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

経済学部では、以下の学力、意欲、興味を持つ人を求めます。
 
  • 経済事象の問題を認識、分析するために必要な基礎学力を持つ人。
  • 社会の動きを経済的視点で探究したい人。
  • Think globally act locally、Think locally act globallyを実践したい人。
  • 自主自律の精神を身につけたい人。
  • 他者と協力し、組織として取り組む力の大きさを体験したい人。
  • 自分を超える力を身につけたい人。
 
入学者選抜の基本方針
<学校推薦型選抜>
基礎学力検査及び書類審査にて選抜を行います。基礎学力検査により本学での「学び」に必要となる基礎学力を、書類審査により資質及び人物を重視した個人の能力を総合的に評価します。
 
<一般選抜>
学力検査にて選抜します。(「大学入学共通テスト」利用の場合は、その成績により選抜します。)高等学校卒業程度の学力を評価し、国語・英語または国語・英語・数学にて本学での「学び」に必要となる適性を評価します。
 
<総合型選抜(プラス1方式/スポーツ実績評価方式)>
出願要件を満たした者を対象とし、書類審査、基礎学力検査及びプレゼンテーション試験又は面接試験にて選抜します。書類審査により資質・人物を重視した個人の能力を、基礎学力検査により本学での「学び」に必要となる基礎学力を、プレゼンテーション試験又は面接試験により入学後の大学生活及び自身の目標についての意欲を有しているか、また、その内容をより具体的・明確的・論理的に表現できるかを総合的に評価します。