OPEN

経済学部

経済学部経済学部Faculty of Economics

経済を学ぶ。
それは、あなたが未来を生きる力になる。

経済学とは、あなたが未来を生きていく力です。 金沢星稜大学経済学部では、ゼミナールを中心とした体系的な講義を通じて、経済学・経営学の各分野で確かな基礎力とビジネスの現場で役立つ知識と技能を兼ね備えた、地域社会で活躍できるビジネスパーソンを育成します。

経済学科

理論と実務能力を兼ね備えた、社会が求めるビジネスパーソンへ。
経済学は、どんな仕事に就いたとしても必ず力になる学問です。

経済学科

経営学科

経済・経営の知識をもとに、社会をマネジメントする人材へ。
経営に直結する優れたマネジメント能力を養成します。

経営学科


POINT1 / 基礎ゼミナール

1年次では「聴く」「読む」「書く」「調べる」「表現する」などの能力向上とともに、論理的思考法を実践的に学び、ディスカッションスキルも高めます。2年次では学問がどのように実社会の課題解決に役立てられるのかを、地域課題を通して考察。最後に臨む成果報告会では、要点整理やプレゼンテーション能力も求められます。

POINT2 / 専門ゼミナール

3年次と4年次では専門分野の学問探求をより深め、その学びを問題発見・問題解決につなげます。特に卒業研究ではテーマ設定から解決提案まで主体的な取り組みが求められるとともに、他者の研究にも助言などで積極的に関わり、ゼミ活動の意義を学びます。

POINT3 / キャリア科目

大学の学びの目標は厳しい就職戦線に勝ち抜くことではありません。
目先のゴールではなく、豊かな人生を送るためのキャリア形成を考えることが本学でのキャリア教育です。将来を見据えて視野を広げ、自分の興味と可能性をもとに目標設計・職業観を形成する科目群です。

Faculty of Economics

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

私たちは豊かな社会を構築するために経済活動を行っています。この経済活動は単独で成り立つことはなく、複数の人、家族、企業、町、国などが複雑に関わり合っていることからさまざまな問題が起こります。例えば、雇用問題、景気低迷、企業倒産、財政赤字、経済摩擦などです。放っておいたらいつの間にか良くなっているはずもなく、私たちがこれらの問題に積極的に取り組み解決の努力を重ねる必要があります。この経済活動は、お金の価値、需要と供給という市場の考え方を学ぶ経済学と、顧客ニーズに応えた財やサービスの提供、および組織マネジメントについて学ぶ経営学を理解することが重要となります。
これらを学ぶために経済学部では経済学科と経営学科を設置し、多くの科目を開講して学びの場を用意しています。ただし、学問を理論的に学ぶことは重要ですが、机上の学問に終わってしまってはいけません。経済活動は生き物ともいわれるように、それぞれの事象ごとに異なる部分があったり、変化してしまったりすることもあります。つまり、学問を応用させることが大切です。このために、経済学部では地域社会に出て問題事象を分析し、解決策を検討し提案する取り組みも行っています。その取り組みの中で多くのことを学びますが、学問的に不足する部分を必ず補足することも必要です。すなわち、学び→実践→学び、という連鎖的な取り組みが効果的な学びのスタイルです。 また、近年のグローバル化はこの北陸の地で暮らし学ぶ私たちにとっては決して無縁ではありません。インターネットの浸透によって世界との距離は縮まり、日常生活でも情報や商品は入手しやすくなりました。企業活動においても、大企業だけが外国と取引を行っているわけではなく、中小企業もその技術やノウハウを駆使して、世界にビジネスの場を広げようとしています。つまり、学生たちが将来活躍する場は確実に国境を超えることになります。経済学部では留学や研修など、海外で学びグローバル感覚を養う機会も用意しています。
こうしたいろいろな学究活動を通して、学内外の多くの仲間や関係者と関わり合い、良好で有意義な人間関係を構築し、議論し、切磋琢磨したりすることは、学問探究という目的に加えて、組織人としての資質向上や人間力向上につながる成果も持ち合わせています。 この学びの場に以下の意思を持った多くの学生の参加を求めます。
私たちが求める人
  • 社会の動きを経済的視点で探究したい人
  • Think globally, act locallyの考え方を実践したい人
  • 自主自律の精神を身につけたい人
  • 個人よりも組織の力が成し得る力の大きさを体験したい人
  • 自分を超える力をつけたい人

教育課程編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

ゼミ教育 … 専門能力およびコミュニケーション能力を身につけます。
1. 課題抽出・解決能力  2. ディスカッション能力  3. プレゼンテーション能力  4. チームワーク能力
  • 基礎ゼミナール
    1年次 … 目的:大学生として学ぶ力をつける
    2年次 … 目的:地域などをテーマとして研究スタイルを学ぶ
  • 専門ゼミナール
    3年次 … 目的:専門分野の基礎学修
    4年次 … 目的:専門分野の発展学修
  • 卒業研究
    卒業研究報告書作成と発表
英語教育 … 広い視野と国際感覚を身につける
情報教育 … 基礎的な情報技術の取得と学修への応用
教養教育 …「外国語」「人文」「社会」「自然」「スポーツ」「言語」を基盤として構成
専門教育 … 経済学科 1. 理論 2. 政策 3. 地域 4. 歴史
       経営学科 1. マネジメント 2. 会計 3. 観光

キャリア教育 … キャリア形成に必要な能力や態度を育成


卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学部での学修を通して以下の知識と能力を修得した学生に学位を授与します。
  1. 経済事象の問題点を認識し、専門的知見を活かして分析し解決策を提案する学究活動を、卒業研究報告書と卒業研究発表会の形で表現する力が評価に値すること。
  2. 組織の一員としての判断力と行動力を身につけ、積極性と自律性が備わり、誠実に人と関わる人間力の向上が期待できること。