OPEN

こども学科

三つの方針三つの方針Department of Child Study

こども学科/三つの方針

入学者の受け入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

こども学科では、こどもの成長・発達についての専門的な知見をもつ「こどもスペシャリスト」の育成を目指しています。そのために、次のような意思と能力をもった人の入学を希望します。

  • こどもと積極的にかかわり、様々な活動をすることが好きな人。
  • 高校段階までの学習内容を十分理解し、活用して考え、考えたことをまとめて表現・発表できる人。
  • 自ら主体的に活動に参画し、仲間と協働して物事に取り組むことができる人。
  • 地域の人たちと触れ合い、相手の意見を聞いたり、自分の意見を伝えたりできるコミュニケーション力をもっている人。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

こどもを科学的に捉え、人間に対する理解力を高めるための教育課程を、次のような方針のもとで編成しています。

  • 地域社会における様々な教育・文化活動に参画し、フィールド活動を通して実践知を身につけます。
  • こども科学と教育科学の分野を有機的に連携させ、小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状、保育士資格を取得することができます。
  • 「こどもスペシャリスト」として地域社会の諸課題を把握し、その解決・改善に貢献できるキャリア形成を図ります。
  • こどもの成長・発達とその課題についての専門性を追究し、卒業研究報告書にまとめることができます。


卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

保育や教育を取り巻く現代の諸課題と真摯に向き合い、こどもの成長・発達過程で生じる様々な事象に専門的な知見をもって対応できる「こどもスペシャリスト」としての次のような資質を備えていることが求められます。

知識・理解
  • 「こども」概念の多義性についての基礎的な理解をもとにして、こどもの成長・発達とその課題についての実践的な知識を取得している
  • 常にこどもの立場で考える保育者・教育者として、必要な保育学および教育諸科学の専門的な知識を取得している
汎用的技能
  • 広く豊かな発想力をもち、グローカルな視点で物事を見通し、よりよく改善していく能力を有している
  • 地域社会の諸課題を把握し、現場において他者と適切なコミュニケーションを図りながら協働して企画、実践、評価、そして改善に取り組むことができる
態度・志向性
  • こどもへ深い愛情を注ぎ、共感してその成長・発達を支援しながら生きることができる
  • 常に学び続ける姿勢をもち、自ら率先垂範して誠実に仕事に取り組むことができる

学部トップへ学科トップへ