OPEN

スポーツ学科

ゼミナールゼミナールDepartment of Sport Science

スポーツ学科/ゼミナール

学外のさまざまな企業・団体と連携しながら研究活動を展開。
スポーツの「現場」で活かされる力を養います。

Pick Up 1 「アダプテッドスポーツの推進」

今の地域社会に必要なのは、アダプテッドスポーツです。

年齢や性別、健康状態、運動能力、障害の有無などを問わず、さらにはスポーツへの関心・興味がない人まで、すべての地域住民が参加することができる。それがアダプテッドスポーツです。
幼児から高齢者、障害のある方々など様々な人が参加するスポーツ活動の現場に行き、イベントや教室の雰囲気などを体験的に学び、実践のための知識・技術や企画力を身につけます。

井上 明浩 教授

■Teacher’s Profile
石川県金沢市出身。県内高等学校、特別支援学校、保育専門学校の教員として23年間勤務、その間内地留学として上越教育大学大学院修了。2008年より現職。専門はアダプテッドスポーツ論で、現在は「インクルーシブスポーツの実現」に向けた研究に取り組んでいる。

Pick Up 2 「トレーニング効果の評価方法」

戦略的に、トレーニング効果を得る方法を学ぶ。

スポーツ生理学的測定に関する基本的な手技を身につけ、運動やトレーニングの成果について、測定データから評価できるようになることを目指します。
その一環として、本学サッカー部員の体格・体力測定を実施。いかに正確なデータを取得できるか、そして現場のニーズに即してわかりやすくフィードバックできるかがカギとなります。

齊藤 陽子 准教授

■Teacher’s Profile
東京都府中市出身。早稲田大学人間科学部卒業、筑波大学人間総合科学研究科修了、博士号(スポーツ医学)取得。その後は国立スポーツ科学センター契約研究員として競技団体支援活動に携わり、2013年4月より講師、2017年4月より現職。専門は運動生理学。主に運動による心血管系の適応に関する研究に取り組んでいます。

Department of Sport Science Field

教員名 テーマ
池田 幸應 [教授] 地域環境を活かした野外教育の推進-野外教育・地域ボランティアの視点から地域を元気にする!-
井上 明浩 [教授] アドプテッドスポーツの未来創造
岩岡 研典 [教授] ひとの身体活動の可能性について考える
大久保 英哲 [特任教授] 海外のスポーツ文化と歴史をフィールドする:台湾・台東
2018 Sports Field in Taitung , Taiwan
大森 重宜 [教授] 身体運動文化研究
奥田 鉄人 [教授] 現場のスポーツ医科学 / 障害者スポーツにおけるスポーツ医科学/水泳・水中運動
門岡 晋 [助教] スポーツ現場における“心”を科学する
河野 俊寛 [教授] 特別支援教育専門演習
櫻井 貴志 [教授] スポーツサービスについて考える
島田 一志 [教授] スポーツパフォーマンスの定量的分析
杉林 孝法 [准教授] スポーツ科学をトレーニング現場に役立てる
西村 貴之 [准教授] 地域団体と連携したスポーツ事業の実践によるプロジェクトマネジメント演習

学部トップへ学科トップへ