OPEN

スポーツ学科

三つの方針三つの方針Department of Sport Science

スポーツ学科/三つの方針

入学者の受け入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

スポーツ学科は、スポーツによる健康の保持増進や体力の向上に関心をもち、生涯にわたって豊かなスポーツライフを継続できる「スポーツスペシャリスト」を育てるため、以下に掲げた資質や意欲を持つ人を求めます。本学科の入試では大学入試センター試験、個別学力検査、調査書、面接および小論文などを組み合わせて志願者の能力や資質を評価します。

  • 高等学校における各教科・科目を修得している、またはこれと同等の学力を有しており、その内容について正しく理解している人
  • スポーツを愛し、スポーツに参加するなかでコミュニケーション力を高め、生涯を通して様々な立場からスポーツに深く関わりたいと考えている人
  • スポーツ活動を大学でも積極的に継続するとともに、保健体育科教員免許や各種スポーツ指導員などの資格を取得し、将来的に自らの経験と資格を活かした仕事に就きたいと考えている人

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

生涯にわたって豊かなスポーツライフを実践できる学士力および社会人基礎力を身につけるための教育課程を、実学を重視しながら以下の方針にもとづいて編成しています。

  • スポーツの価値や意義を科学的、社会的および文化的に深く捉えることのできる力を育てる
  • 競技スポーツ、学校体育、地域スポーツ、アダプテッドスポーツなど様々な運動やスポーツについて専門的に理解し、併せて高度な技能を習得できるようにする
  • 大学生活における豊かなスポーツライフを実現すると同時に、運動やスポーツに関する各種の資格を取得し、運動およびスポーツに関する実践と知識の融合を促進する
  • フィールド活動、各種の演習や実習によって得た実践知を発展させることで、卒業研究を完成させることのできる力を育てる

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

スポーツ学科では、高い人間性や社会性を持ち、スポーツの振興および発展に誠実に関わることのできる人間を育てるため、「スポーツスペシャリスト」としての次のような資質を備えていることが求められます。

  • 生涯にわたって心身の健康を保持増進する意識を持ち、スポーツを楽しむことができる力
  • 競技スポーツ、学校体育、地域スポーツ、アダプテッドスポーツなど様々な領域において、スポーツの経験、技能および高度な専門知識を活かすことができる力
  • 教員免許(中高保健体育および特別支援教育)や各種スポーツ指導員(健康運動指導士、日本体育協会公認指導員、障がい者スポーツ指導員など)の資格を取得し、指導の現場で活かすことができる力
  • スポーツクラブの運営、体育・スポーツ施設の管理、プロスポーツチームの経営などスポーツマネジメントに主体的に参画できる力

学部トップへ学科トップへ