OPEN

国際文化学科

国際文化学科国際文化学科Department of Intercultural Studies

世界の人々と語り合い、物事の多様性を理解し、問題解決に向けて取り組む人へ。

人文学部国際文化学科の学びの特色

POINT1 / 各個人のレベルに応じた英語教育

入学時に英語力テストにてクラス分けを行い、各グレードに合わせた英語力ステップアッププログラム(ESP=English Step-up Program)を実施。2年次終了までに、定められた英語活用能力の到達目標IELTS6.0(TOEIC730点またはTOEFL iBT80点)の達成を目指します。英語力に自信のある人もない人もその能力を向上させていく、金沢星稜大学独自のシステムです。

POINT2 / 世界を見据えたクォーター制の導入

日本の大学で主流のセメスター制(1年を2学期に分けて講義を実施)ではなく、1年を4学期に分けて同一科目を週2回×約2ヶ月という短期集中型で学ぶクォーター制を導入。これにより、1科目あたりの学習密度の増加をはじめ、教育効果の向上を実現できるだけでなく、海外留学を実施しやすいなどのメリットが生まれます。

POINT3 / 学部生全員が早期の海外留学を経験

約4~8ヶ月間、学部に所属する全学生が海外各国の協定締結校に留学します。特長は、その時期が1年次後半~2年次前半の早期段階である点。できるだけ入学後のまっさらに近い状態のほうが、未知の土地において多くの刺激や経験の吸収につながり、さらには帰国後の学びやその後の人生に厚みを生みます。
※海外留学先大学の授業料は、本学が負担します。(渡航費・滞在費等は自己負担)

study_abroadstudy_abroad

POINT4 / 英語による専門科目の授業

日常的な意思疎通や、様々な場面での交渉、学術的な意見交換にも対応できる国際語(英語)活用能力を実現するため、3年次から始まる「専門科目」の授業は原則として英語で行います。卒業論文も、原則英文で作成します。

POINT5 / 中学・高校英語教員免許が取得可能

教職課程として定められた科目の単位を取得すると、中学・高校英語教員の免許状を取得することができます。
※人文学部国際文化学科では、CDP教員コース(中・高英語)のみ受講が可能です。

取得可能教員免許状
  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語) ※同時取得可能

人文学部国際文化学科の学びの流れ

1年次

2年次

3年次

4年次

想定される進路シミュレーション

simulation

キャリアサポート

 CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)
CDPは、将来の目標に向けて、1年次から計画的・体系的に学んでいく本学独自のプログラムです。
● CDP教員コース(中・高英語)
 各種資格・検定講座
エクステンション課では、実社会で役立つさまざまな資格の取得を積極的に支援していきます。
エクステンション課

留学体制

 海外留学プログラム
国際交流センターでは、海外留学をバックアップ。留学に関する相談、疑問にお答えします。
● 長期留学 ● 短期留学 ● 海外研修

将来像

世界の異なる価値を体感し、日本文化の本質を再認識するその視野には多角的な洞察力が備わり、行動力、積極性を伴うこれからのグローバル社会には欠かせない人材となります。
● 観光業  ● 商社  ● 教員  ● サービス業
● 卸売・小売業  ● 製造業 など
 取得可能教員免許状
●中学校教諭一種免許状(英語)
●高等学校教諭一種免許状(英語)
 

学部トップへ