OPEN

国際文化学科

三つの方針三つの方針Department of Intercultural Studies

人文学部国際文化学科/三つの方針

21世紀の世界は、人間・物資・情報が昼夜を問わず国境を越え、絶え間なく往来し拡大し続けています。こういった時代に生きる我々には、母国語のみならず異なる社会的背景や民族的背景を持つ人々と意思の疎通を図るための言語能力が必要になります。また、人間・物資・情報を多元的な価値観に基づいて評価する知性が問われます。さらに、各国の気候風土や人々の生活様式を積極的に学ぶとともに自らが生活する地域の暮らしや文化の意味を再考して、その価値を広く発信する行動力も求められます。
金沢星稜大学人文学部国際文化学科は、21世紀のグローバルな状況を鑑み、主要な世界共通語である英語を学び、地域の生活文化を拠点にアジアを含む世界各地の人々のくらしと文化を理解して、地域社会に役立つ人材を育成することを目指して開設いたしました。

卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

人文学部では、学士課程教育を通じて、以下の[知識・理解][汎用的技能][態度・志向性][総合的な学習経験と創造的思考力]を修得した学生に、「学士(人文学)」の学位を授与します。
 
  • 世界の人々と対話をし、自国や地域の文化を発信する英語コミュニケーション力を持つ。
  • 自国を含む世界各地の文化に触れ、異なる生活様式や価値観を理解する。
  • 時代を拓く新たな発想を展開できる知性と教養を身につける。
  • 困難な課題に直面しても、論理的に考え、課題解決に向けて相手と粘り強く交渉する態度を養う。
  • 習得した知識と技能を生かし、積極的に地域社会や国際社会に貢献する。

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

人文学部は、教育研究上の目的達成のため、以下の教育課程を編成し、実施します。
 
  • 卒業までに高い英語力(IELTS 6.0以上、 TOEIC 730点以上, CEFR B2以上)を身につける。
  • 留学による異文化体験を通して、地域の文化や生活について理解を深める。
  • 価値観の異なる人々との協調・協働を促進させるため、幅広い教養を身につけることができる専門科目を提供し、アクティブラーニングを中心とした授業を行う。
  • 専門科目は英語使用を中心とした形式で構成され、論理的思考に基づいた英語によるディスカッションやプレゼンテーションの機会が多く与えられる。
  • 卒業研究報告書は英語で執筆し、専門領域の研究内容を英語で発信する。

入学者の受け入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

人文学部では、以下の学力、意欲、興味を持つ人を求めます。
 
  • 英語の習得と使用を目指して努力できる。
  • 高い目標を持って積極的に学ぶ意欲がある。
  • 自国や地域社会を含む世界各地の多様な文化に関心を持ち、人びとの暮らしや価値観を相手の立場から理解できる。
  • 異文化交流に積極的に関わり、地域社会や国際社会に貢献する意欲がある。

学部トップへ学科トップへ