世界を知る、自分を広げる

世界知る、自分広げる

世界に目を向け、日本の価値を見出すそれが、金沢星稜大学の目指すグローバル人材

世界に目を向け、日本の価値を見出すそれが、金沢星稜大学の目指すグローバル人材

SCROLL

世界に学ぶ

世界には、自分を広げる「可能性」が
たくさん散りばめられている。
いままで見たことないその世界を、
いままで触れたことのないその文化を、
あらゆる角度から見つめられる人間が、
未来には求められてくる。
すべての学びを、これからの自分に。

国際文化学科で学ぶ4年間

1年次

英語力を段階的に
着実に伸ばす

入学直後は、自分の希望する留学先へ入学するために必要なIELTSに特化した英語教育を中心に行います。その後、実際に留学先で活かせる英語運用方法を学び、留学先でも自信をもって対応できる力を身につけます。明確な目標をもって段階的に学ぶことで、留学前後に必要な語学力を培うことを目指します。

学部生全員の海外留学学部生全員の海外留学

2年次

大きく成長できる
早期留学経験

留学を通じて、海外にさらに興味関心を持つ学生や、日本の良さを再認識する学生など様々ですが、どの学生も語学力だけでなく、コミュニケーションスキルなど著しい成長を遂げて帰国します。また、留学先での学びは多岐にわたりますが、学部留学でなくとも留学先での学びが本学の単位に認定されます。

3年次

留学経験から得た
学びを発展させる

留学で芽生えた興味関心に沿って、大きく二つのコースに分かれて学びを進めます。「比較文化コース」では、民族や文化・観光といったテーマを取り上げ、様々な文化的観点から世界を考察します。「グローバルイングリッシュコース」では、世界における英語の言語的位置づけや、その歴史的変遷などを学び、英語を学問として探究します。

4年次

英語力と国際的視点を
活かした未来へ

留学や帰国後の専門的な学修を通して得た知識と経験をもとに卒業研究に取り組みます。卒業後は、国際機関や外資系民間企業、翻訳・通訳など、活躍の場は多種多様。加速度的に進むグローバル社会において、確立した自己と柔軟な対応力を兼ね備えた人材となって世界へと羽ばたいていきます。

To the world!

データで紐解く
人文学部国際文化学科

どんな学びのシステムがあるの?留学制度は整っている?目指せる職業は?
など、人文学部の特色をご紹介します。

1年次から全員が海外へ

1年次から全員が海外へ

入学後、1年次後半〜2年次前半の早期の段階で、学部に所属する全学生が海外の協定締結校に留学します。入学直後のまっさらに近い早期の段階で留学することにより、未知の土地での多くの刺激や経験を多く吸収し、帰国後の学びやその後の人生に厚みが生まれます。

目指す未来にあわせて選べる2コース

目指す未来にあわせて
選べる2コース

様々な国や民族の歴史と文化、生活様式や観光について学び、グローバルな視点を活かして活躍のできる「比較文化コース」、本場での英語を体験し、英語能力を高め、教育の場で広めていく「グローバルイングリッシュコース」と目指す未来に合わせて選べる2コースを設置しています。

異文化
を体感する

異文化を体感する

入学後、早期の段階で留学し、現地での様々な文化や英語、生活などに直接触れ、帰国後も様々な国の文化を学べる専門的な授業が豊富です。世界各地の文化や風土を積極的に学び、同時に自分の暮らす地域の文化や生活を改めて考え、その価値を広く世界へと発信できる主体性と行動力を身につけます。

世界を見据えたクォーター制の導入

(Q=クォーター)

1Q

2Q

3Q

4Q

1年間

世界を見据えた
クォーター制の導入

日本の大学で主流の1年を2学期に分ける『セメスター制』ではなく、1年を4学期に分けて同一科目を週2回×約2ヶ月という短期集中型で学ぶ『クォーター制』を導入しています。これにより、1科目あたりの学習密度の増加をはじめ、教育効果の向上を実現できるだけでなく、海外留学を実施しやすいなどのメリットがあります。

英語による専門科目の授業

英語による専門科目の授業

日常的な意思の疎通や、様々な場面での交渉、学術的な意見交換にも対応できる国際語(英語)の活用能力を実現するため、3年次から始まる「専門科目」の授業は原則として英語で行います。卒業研究報告書も原則英文で作成します。

目指せる職業(一例)

目指せる職業

徹底した英語教育や、早期の海外留学、英語での専門科目の履修を通じて、世界の様々な国の生活様式や精神文化について学びます。グローバルな視点から日本・地元のことを見つめることができ、地域発展に貢献できる人材となることを目標とすることで、観光業・商社・教員・サービス業・卸売、小売業・製造業など、様々な分野で活躍が可能となります。

着実に英語力を伸ばせる独自のシステム

留学

アカデミック
イングリッシュ

基本4技能の向上

独自のシステム

留学に向けた専門英語教育制度(EAP=English for Academic Purposes)で、留学前に集中的に英語を学びます。EAPの前半部分では基本の4技能の向上、後半部分は留学に向けてのAcademic Englishを学びます。定められた英語活用能力の到達目標 IELTS 6.0(TOEIC 730点または TOEFL iBT 80点)の達成を目指します。英語力に自信のある人もない人もその能力を向上させていく、金沢星稜大学独自のシステムです。

目指す未来にあわせて
選べる2コース

1年次は共通のカリキュラムで学びますが、2年次後半以降は深く学びたいコースを「比較文化コース」か「グローバルイングリッシュコース」から選択します。

  • 比較文化コースComparative Cultural Studies

    比較文化コースComparative Cultural Studies

    何を学ぶのか 様々な国や、民族の歴史と文化の相互関係を文化・社会・宗教学などの視点から学ぶ
    身につくスキル 自国を含む世界各地の文化に触れて、異なる生活様式や価値観を理解することでグローバルな視点を身につける
    目指せる職業 国際展開を目指す一般企業/ 商社・外資系企業/ 国際ビジネスを展開している企業/国際交流・援助機関(NPO・NGOを含む)
  • グローバル
    イングリッシュコース
    Global English

    グローバル
    イングリッシュコース
    Global English

    何を学ぶのか 英語の表現技術・文化・思考の特徴を統語論・意味論の視点から学ぶ
    身につくスキル 海外留学と英語での授業により、教育の場で英語・海外の知識を広げられる実務として活かせる質の高い英語力を身につける
    目指せる職業 国際展開を目指す一般企業/ 通訳・翻訳者/ 報道・マスコミ関係企業/ 国際ビジネスを展開している企業/ 商社・銀行・一般企業等における海外折衝部門/ 中学・高校の英語教員

20ヵ国58大学へ

金沢星稜大学では、1年次から全員が海外へ。
入学後のまっさらに近い状態のほうが、未知の土地において多くの刺激や経験の吸収につながります。

留学体験者の声

先輩たちの声を参考に、
あなたの留学のイメージを膨らませてみてください。

2018年度留学生

2017年度留学生

2016年度留学生

さあ、世界に学ぼう