留学したいという気持ちを分かって
応援してくれる人は必ずいます。

人文学部国際文化学科2年次Y.Tさん
留学先静宜大学[Providence University](台湾)

なぜその国、その大学を選びましたか?

私が台湾を留学先に選んだ主な理由は二つあります。一つ目は英語と同時に中国語も勉強できるという環境がとても魅力的だったからです。私は具体的にこの国に留学がしたいという思いが特にありませんでした。でも、せっかく留学するのなら何かほかのことを学んで帰ってきたいという思いはとても強かったです。そこで中国語を勉強したいなと思ったので留学先で台湾を選びました。二つ目は、台湾での留学は比較的費用が安く済むということです。留学するには親のサポートなしでは決して経験できないことだし、あんまり金銭的な負担はかけたくないのが正直な気持ちでした。だけど帰ってきた今、静宜大学を選んで本当によかったと思います。国際交流のスタッフや先生方はとても親切なので、困ったことがあればためらわず相談するといいと思います。

現地での生活はどうでしたか?(留学中のエピソードを教えてください)

私は3人の台湾人とルームシェアをしていました。最初は一緒に生活していくのに多少不安はあったけど、数日で彼女たちとの生活に慣れました。3人とも親切で明るい人達だったのですぐに仲良くなれました。彼女たちとのコミュニケーションはほとんど英語だったけど、中国語も話したりできたので私にとってとても良い機会だったと思います。台湾の気候、食文化はすぐに慣れました。食事に関しては寮で作って食べる機会がほとんどなく、夜市やレストランなどの外食がメインでした。夜市では台湾ならではの食文化が楽しめると思います。台湾での生活は本当に居心地がよかったです。台湾は親切で優しい人ばかりの国だと直接感じることができました。

留学先の大学での授業はどんな雰囲気でしたか?

中国語の授業は少人数クラスで学生と先生の距離はとても近かったです。テスト以外はペアワークなど協力する活動が多かったのでクラスメイトとはとても仲良くなれました。この授業は台湾人の先生が行うので説明はほとんどが中国語でしたが、クラスメイトにはヨーロッパ、南米、北米から来た学生、日本人も数名いたので時々英語を交えて説明をしてくれていました。私は中国語の他に、マネージメント系と中華文化の学部科目を受講していました。これらの授業は全て英語で行われ、中国語の授業と比べると大人数の授業でした。クラスメイトのほとんどが英語ネイティブの留学生で、授業内容も難しく、ついていくのが大変でした。そのため、授業の前に自分なりに予習するなどして対策をとっていました。日本の授業と比べると個人プレゼンやグループプレゼンが多かったです。

留学を経験して得られたものは何ですか?

ためらわずに英語で話すことです。留学前の私は文法ばかりを気にして英語を話していました。でも台湾で受けていた授業を通して、まずは自分の意見を発言することが大切だということに気づきました。最初はネイティブの学生がほとんどの授業の中で、自分の意見を述べることを躊躇してばかりでした。でも私の周りの学生が堂々としている姿を見て、とりあえず自分の思ったことを素直に発言しようと思えました。また台湾でできた友達、親への感謝の気持ちを強く感じることができました。私が無事に留学生活を楽しく終えられたのは、現地の友達、家族のサポートがあったからです。

留学を考えている方、迷われている方にメッセージをお願いします。

留学するには当然お金がかかります。簡単にできるものじゃないし、両親のサポートがあってからこそできることです。でも海外に行って何かを経験したいと思うなら、行ってみるべきだと思います。その気持ちを分かって応援してくれる人が必ずいます。私は留学を経験して自分自身の英語力の低さを本当に感じました。悔しかったけど、だからこそもっと英語を頑張ろうと思えたし、自分の英語に自信をつけたいと思えました。
留学を通して必ず何か成長を感じることができると思います。私の体験を読んでぜひ留学に迷っている方の参考になれれば嬉しいです。

さあ、世界に学ぼう