OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【MOONSHOT講座】その3 総仕上げ

2019年01月11日 就職・資格

9月17日よりスタートした「星稜女子力MOON SHOT講座」。大学生56名、短大生45名、計101名の受講生たちは、9日程31コマの講座を受講し、残すところ4月の個別面接対策のみとなりました。

MOON SHOTとは、ジョン・F・ケネディの「簡単だからやるのではない。難しいことだから敢えてやるのだ」と説明したアポロ計画からとっています。

講座では超難関企業の内定を獲得し、社会で活躍する人になるために、先輩の就活体験談を聞いたり、目標管理シートを作成して自分で立てた目標に向かって行動したりしました。また、立ち居振る舞いや面接対策にも磨きをかけました。
今年度はヨガも取り入れて「面接に強くなる呼吸と姿勢法」も学びました。
講座を通して「成長できた」「受講前よりも自信がついた」という声が多く聞かれています。
これまで身に付けたものを就職活動に存分に発揮し、先輩の実績に続いてほしいです。

受講者の声

MOONSHOT講座2018 目標管理シートより

人間科学部スポーツ学科 3年次 S·Oさん(石川県 野々市明倫高等学校出身)
~前半MOONSHOT講座で、学んだことや身についたこと~
私がこの講座を受講していて気づいたのは、「早めに行動することの大切さ」です。私は今まで良くないと分かりつつも、苦手なことや大変なことはギリギリ後回しにしてしまう人間でした。まだ完全にそういう癖が無くなったわけではありませんが、周りより早めに行動する習慣が少しずつついてきたのではないかと思います。
~後半MOONSHOT講座の目標や実践すること~
私は、就職活動を「良い企業に入るための活動」ではなく、「人生を豊かにするための活動」として取り組みたいと思っています。そのために、就職活動の準備期間で身につけたこと(礼儀・心構え・心がけなど)を就活中だけではなく一生大切にできるように、しっかりと身体に染み込むように身につけていきたいです。自分を成長させる目的でやっていきたいです。まずは、今やっている就活準備の行動の「意味」を自分でしっかり考えるように意識します
 

MOONSHOT講座を受講し、就活を終えた先輩の話を聞いて

経済学部経済学科 3年次 Y·Wさん(富山県 高岡商業高等学校出身)
K先輩の「出会いを大切に!」という言葉、人生の中で出会いは限られていてどこに良い縁があるか出会ってみなければ分からないという言葉が印象的でした
 
私は今まで興味のある業界しか調べていなかったため、その分多くの出会いを逃してしまったかもと思います。そのため今後は広い視野を持ち、様々な人・モノと関わりたいです。
また、自己分析や他己分析が足りないと感じました。更に「自分という人間」を深く分析していきたいです。せっかく実際の面接で、自分のことをどれだけ深堀してもらっても、答えられなければもったいないので、そのためにももっと自分について知り、話せるように準備していきたいと思います。

「面接に強くなる呼吸と姿勢法」のヨガ講座を体験して

経済学部経営学科 3年次 M·Hさん(石川県 小松明峰高等学校出身)
今日人生で初めてヨガを体験しました。「心と身体はつながっている」心が焦ってしまうときは、深い呼吸で心を落ちつかせられると知りました。最近は周りの学生も就職活動に熱心に取り組み始め、自身に焦りが出ているなと感じることが増えてきています。だから、今回学んだ呼吸法やヨガを家でもやってみることで、私のペースで頑張り続けられそうだと思いました
経済学部経営学科 1年次 S·Wさん(石川県 星稜高等学校出身)
ヨガをやってみて、肩こりが治った気がしました。心もスッキリしました!とても良い体験になりました。呼吸は緊張したときに早くなるとは知っていましたが、本当に緊張した場面になるとそれも忘れることが多かったです。この体験で絶対思い出せると思うので、スッキリとした頭で緊張する場面を乗り越えたいと思います