OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

就活生も受験生と同じ!冬休み返上で対策講座実施!

2018年01月12日 就職・資格

12月23日(土)・24日(日)

世間の雰囲気はクリスマス真っ只中・・・
でも今回は自分の将来のために、2日間で124名の3年次が、GD(グループディスカッション)対策講座に参加しました。グループディスカッションは、企業が実施する選考方法の一つです。
就活生も受験生と同じ!冬休み返上で、年末年始には就職支援会社各社によるフェアに行ったり、筆記試験突破のために勉強したりした3年次も多かったと思います。今年はいよいよ就職活動が本格的に始まります。そして、学生生活を集大成する大切な年!本学の進路支援課は、一人ひとり、実り多き一年となりますよう心より祈念し、引き続き支援・サポートして参ります。
 
 

参加者の振り返りレポートより

K・Yさん(経済学部経済学科3年次 石川県 金沢錦丘高等学校出身)
グループディスカッションはチーム戦だと感じました。一人だけいい意見を出すだけでは話を掘り下げることができないし、ディスカッションをすることでよりいい答えをチームとして出すことができるとも感じました。また、その上でチーム内の雰囲気を良くするためにしっかり相槌をうったり、人の意見に対し反応したりすることが大切だと思いました。同時に積極性が重要であることも身に染みて分かりました。どの4年次先輩、どの教職員の方々のフィードバックを聞いても、話の口火を切った人や自分の意見を何度も発言している人が評価されていると思いました。ただ、やはりチーム戦なので自分ばかりではなく、他の人に話を振ったり、周りに気を配ったりしながら進めていくことが大切だとも分かりました

論理的な思考をするのに、ロジックツリーが有効だということが印象に残りました。自分一人で考える場合でも、他の人と意見を合わせてディスカッションする場合でも、グルーピングをしてロジックツリーを作ることで、自分にも相手にも分かりやすく何をメインとするか?を決めやすかったです。ロジックツリーを作って考えるようにしたことで、出た意見をまとめやすくなりました。
T・Kさん(経済学部経済学科3年次 石川県 大聖寺高等学校出身)
周りに気配りしながら意見を引き出すように心掛けていたところ、他の人の新たないい意見を聴くことができ、議論が深まりました。本番でもできるように意識していきたいと思えました。アドバイザーの4年次先輩にも「気配りができているから、次も頑張って!」と言われ、嬉しかったです。私は1年次と2年次で2回ほし☆たびに参加した際、自分のことで精一杯だったことを指摘されていました。今回周りへの気配りができると思われるまで成長できたことを評価してもらえたので、今日のことを忘れず、本番でもしっかり発揮していきます

R・Fさん(経済学部経済学科3年次 石川県 野々市明倫高等学校出身)
雰囲気に飲み込まれず、自分が雰囲気良く変えるつもりで挑む大切さを学びました。私は最初から意見を言うことができず、後半からエンジンがかかっていました。雰囲気に飲み込まれていたことが原因だと思い、直していきたいです。最初から前のめりでしっかり取り組む姿勢を意識したいと思います。もちろん飛ばし過ぎることは、周りが見えなくなる危険性があるのですが、不完全燃焼で終わることが何度かあったので、周りの雰囲気などに飲み込まれず、自分らしさを出していけるよう意識して行動したいと思います。