OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【国際交流】留学生による日本語スピーチコンテストが開催されました

2019年01月18日 国際交流

1月8日(火)

金沢星稜大学にて留学生の日本語スピーチコンテストが開催されました。今年は台湾、中国、フィリピンからの5名の留学生が参加し、自国と日本の違いや日本の生活の中で驚いたことや感動したこと、自分の夢や目標について発表しました。皆、5分程度の日本語でのスピーチを堂々と発表し、日ごろの日本語の勉強の成果を十分に発揮していました。最優秀者と優秀者の2名は2月にある近隣の中学校でのスピーチ、そして石川県のスピーチコンテストにも参加予定です。

K・Sさん(台湾からの留学生)
私は自分の日本語を話す能力を一度試してみたいという気持ちで、今回のスピーチコンテストに申し込みました。コンテストの日、自分の順番が近づくと、私は緊張しました。いよいよ私の出番となり、自分が話したいことをちゃんと伝えられるように、私はゆっくりと話し始めました。観客は皆、真剣に私のスピーチを聞いてくださり、その様子を見て、私は自信をどんどん持つようになりました。コンテストに出た他の留学生も皆上手にスピーチを発表していました。内容もいいし、発音も上手だと思いました。だから、最優秀賞をもらった時、私は本当にびっくりしました。皆に認められることは本当に心からうれしいことなので、次のコンテストも全力で頑張りたいと思います。
 

Z・Aさん(女子短期大学部 経営実務科1年次 石川県 羽咋高等学校出身)
私は初めて留学生スピーチコンテストで留学生のスピーチを聞きましたが、日本と出場者の国との違いや旅の心得といった、人それぞれ違ったテーマに沿った内容がとても斬新で素晴らしいと感じました。私は9月頃に留学生と初めて会い、当初は日本語の発音や話し方、言葉自体上手く話せなかった人がいましたが、スピーチコンテストを聞いてとても上手くなっていると感心しました。最近はあまり留学生と話をしていなかったので、また色々な話をしたいと思いました。