OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

【就職】「就職応援プロジェクト」先輩の志を記した冊子が完成!

2018年01月30日 就職・資格

1月23日(火)

「就職応援プロジェクト」として8月から活動してきた3年次46名が、活動の目的であった冊子の「就活クレド」を完成させ、活動を締めくくりました。

就職応援プロジェクトとは、就職活動で大成功をおさめた4年次にインタビューを行い、就職活動のノウハウや経験談、後輩たちへのアドバイスを1冊の冊子にまとめるものです。
今回で9期目となる活動で、先輩へのアポイントメントや印刷会社とのやり取りなどを含めてすべて学生たちの手で行っています。

メンバーの声

「就職応援プロジェクト」代表 経済学部経済学科3年次 TKさん(富山県 高朋高等学校)
私は就職応援プロジェクトで学生主体の活動をした事が一番印象に残りました。学生主体で動くことは誰かに役割を与えられて動くのとは違い、束縛を受けず自由に行えるというものです。そのため最初は逆に何をどうしていいのかわからず不安しかありませんでした。
いろいろな問題もありましたが、副代表の2人や各班リーダーとの連携を強化し問題を解消する事ができました。こうして得た経験を糧に就職活動を乗り切り社会に出ていきたいです。

「就職応援プロジェクト」副代表 経済学部経済学科3年次 HKさん(石川県 金沢錦丘高等学校)
「責任感を最後まで持つ」この活動に参加するにあたって自分に課した課題です。かつての自分は辛くなったら投げ出したり、飽きて途中で嫌になってしまったりすることがありました。そんな自分から変わりたいと思いこの活動に参加しました。
副代表としてメンバー全員を巻き込むことはとても難しかったです。しかし、悩み、やるしかない!と行動に移すごとに周囲を頼ったり、巻き込んだりすることが少しずつできるようになっていきました。
就職活動の知識を先に知ることもでき、この活動に参加して本当によかったと思っています。
「就職応援プロジェクト」副代表 経済学部経営学科3年次 S・Nさん(福井県 道守高等学校)
私が就職応援プロジェクトに参加したきっかけは、これから始まる就職活動に向けて一早く気持ちを切り替えて行動したいと思ったからです。
このプロジェクトは、学生が主体となって活動するため、自分と同じく「就職活動に向けて何かしたい」と思う仲間たちと共に活動をできたことは、とても良い経験になりました。また、先輩方との取材を通し、就職活動に纏わる様々なお話を伺えたことで、自分自身の就職活動に対する不安感を無くすことができました。
このプロジェクトで得たものを最大限に活かし、絶対に就職活動を成功させたいと思います。