OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【留学】台湾からの留学だより #5

2019年02月08日 国際交流

グローバル化が進むいま、英語だけでなく第二外国語を学ぶ学生も増えてきています。交換留学生として現在、台湾の静宜大学(Providence University)で学んでいる経済学部経営学科3年次 R·Aさん(石川県 星稜高等学校出身)もその一人で、英語で経済・経営学の専門科目を学びながら、中国語も学んでいます。

Long-term study abroad / status report [February]

About Study / Class

I have studied courses in my major which is Economics and Marketing in Taiwan, and also learned Chinese every morning at the same time. I was just one Japanese student in Marketing, so I was slightly nervous at first.

However, there were many exchange students in a class. Moreover, we made groups and had a lot of discussions and presentations. That is the reason why, I could make friends easily. When other countries students have presentations, their presentation style are kind of different from mine. So, sometimes I adapted their good points for my presentation.

Exchange students who are from various countries took Chinese class.
We usually spoke in Chinese because we couldn’t speak any other language except for Chinese in a classroom. That is the reason why, our Chinese level definitely have improved. 

授業に関して

私は台湾で、専門である経済経営の授業を英語で学びながら、同時に中国語の授業を毎日受講していました。経営の授業では、日本人は一人だったので、最初は心細かったです。

しかしクラスのほとんどが留学生で、グループ活動が多かったため、すぐに友達ができました。
毎回ディスカッションやプレゼンを繰り返すなかで、お互いに刺激を受け、次第に自分の意見をスムーズに言えるようになりました。留学生が発表をしているとき、その国や地域でそれぞれ異なる見せ方があるので、自分も参考にしていました。

留学生しか参加していない中国語の授業では、お互いに分からない単語や文法を英語で教え合いながら勉強していました。
中国語の教室内では中国語以外を話してはいけないルールがありましたので、授業中は全て中国語で会話をしており、一学期間でかなり成長したと思います。

About University / Campus life

The facility of Providence University is nice. There are 3 cafeterias and a big library that has 10 floors in a campus. The library are open until 11 p.m. A lot of students went there and studied a lot.

There are many events for international exchange students at Providence University. I joined them as many as possible. We had uncountable chances to communicate with people from other countries.

In addition, I taught other countries’ students about Japanese food and business manners as a volunteer. Some friends were interested with my hometown Kanazawa and Seiryo University. I hope more students will come to my University as exchange students from next semester.

学習環境・キャンパス・学生交流等について

静宜大学の学習設備は驚くほど充実しており、キャンパス内に10階建ての図書館や3つの食堂などがあります。図書館は夜の11時まで空いているので、多くの学生が授業の空きコマや課題をするために利用します。

また、静宜大学には多くの留学生イベントやボランティアがあり、私はほぼ全てのイベントに参加するようしていました。そうすることで自然と新しい環境に慣れるようになり、様々な国や地域の方と交流することができました。

ボランティアでは、日本語学科の学生に日本のマナーを教えたり、一緒に日本料理を作ったりして国際交流を図りました。実際に私と交流したことで、金沢や金沢星稜大学に興味を持ってくれる学生がいて、非常に嬉しかったです。

About Holiday / Homestay or Dormitory / Off-Campus life

About Holiday / Homestay or Dormitory / Off-Campus life

I stayed at dormitory with 3 roommates who are 2 Americans and an Indonesian. There were a little differences when it comes to cultures and  customs. However, we tried to understand each other, so it doesn’t matter.

Nowadays, Japan has lots of tourists and people from other countries. No matter where you are, you can communicate with them. I think that the most important thing is not only languages but also respecting own cultures and customs that they have.

I usually went to a trip with friend of me for holidays. For example, I and roommates took a 3 days two-nights trip to Kaohsiung city and had awesome times there. That was unforgettable memory in my mind. 

ホストファミリーや寮での生活、休日について

ホストファミリーや寮での生活、休日について

私は寮で生活をしていました。私のルームメイトはアメリカ人2人、インドネシア人1人で、計4人で生活していました。生活する中で、お互いの国の文化や習慣等で異なる点が多くありました。しかし、ある程度は互いに理解し、時には一緒に話し合ってルールを決めました。

グローバル化が進んでいる現在、どんな職業でも海外の方と接する機会があると思います。自分と違う文化、習慣を持つ人と交流する中で、お互いを理解し、尊重し合いながら共存していくことは、ある意味言語力より重要であると思います。私は様々な国や地域の人と交流する中で、このことが大切だと強く実感しました。

休日は友人とよく旅行に行きました。特にルームメイト達と一緒に2泊3日の旅に行ったことが思い出です。旅先では全員出身や国籍が違うため、とても驚かれましたが、非常に貴重な体験でした。