OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

ごくせん!今年もOB・OGが等身大の語りを後輩に届けました。

2018年02月09日 就職・資格

1月20日(土)・21日(日)

今年も、2日間で東京、三重、福井や富山から総勢19人の卒業生が来学してOB・OG会を行いました。飾らない等身大の話から、就職活動だけでなく、もうすぐ社会人になる後輩のために入社してからの苦労や失敗談も語ってくれました。
先輩たちのお話から就職活動や「働くこと」、そして自分が歩む「今後の人生について」まで深く考えた3年次生も多かったようです。誰もがびっしり書いている振り返りレポートより、ヒシヒシと感じました。今後もますます、一人ひとりの就職活動やキャリア支援にまい進していきます。

ごくせん!とは?
学生時代、「極上の就活」をして、現在「極上の社会人」として働いている先輩のこと
 
 

3年次参加者の振り返りレポートより

<ソニーリージョナルセールス株式会社 堂野先輩:7年目>
D・Sさん(経済学部経営学科 3年次 石川県 金沢商業高等学校出身)
堂野先輩のお話がとても印象に残り、参考になることが特に多かったです。メンタルキープ術や面接時に効果的だったポイント3つ、自分自身にハードルを設けず興味のない分野にも積極的に参加して聞く姿勢など、今日から早速実践してみようと思えるお話がたくさんあり、就職活動に前向きになることができました
 

<日本通運株式会社 長嶺先輩:4年目>
M・Nさん(経済学部経済学科 3年次 石川県 大聖寺高等学校出身)
長嶺先輩の「自分の武器(長所)をしっかり理解する」という言葉から、不得意を減らし、平均的に学ぼうとする部分がある自分に気づきました。自分の長所を理解し、それを伸ばすといったことが大切だと思いました。同時に「自分の長所とは何か?」を更に考えるきっかけにもなりました。
 

<パナソニックコンシューマーマーティング株式会社 源先輩:4年目>
K・Yさん(経済学部経済学科 3年次 石川県 金沢錦丘高等学校出身)
源先輩が「ノルマがなくてやりがいはあるのか?」とおっしゃったことが頭に残りました。今まで営業職はノルマが厳しいのかな、ノルマがあるのが嫌だなとか思っていました。しかし、確かに源先輩のおっしゃる通りノルマ(目標)があることで頑張れると思うし、どうすればノルマを達成できるのか?を考えることで自分の成長にもつながると思うので、ノルマに対する考え方が変わったことが大きかったです
 

<株式会社アイ・オー・データ機器 河合先輩:3年目>
H・Aさん(経済学部経済学科 3年次 石川県 野々市明倫高等学校出身)
河合先輩の「変わろうと思えば変われる。自分はできないと思っている時間が無駄」という言葉は印象に残りました。私は何かとできないと思ってしまうので、自分のことを言っているなと感じました。就職活動では自分に自信をもって、意味ある時間の使い方をしたいと思いました
 

 <東京海上日動火災保険株式会社 西村先輩:3年目>
M・Oさん(経済学部経営学科 3年次 富山県 高岡西高等学校出身)
「謙虚さ、感謝、素直さが大切。社会人になって身につけるのは大変だったから、今のうちから」と話された西村先輩のフレーズ。簡単そうに思えて意外と全てを当たり前にするのは難しいかもしれないので、今から意識すると身につけられ、就職活動でも活かせるし、社会人になる上で必要なことだと思いました。
 

<全国労働者共済生活協同組合連合会 石川先輩:3年目>
R・Yさん(人間科学部こども学科 3年次 富山県 志貴野高等学校出身)
石川先輩の「就職活動では、毎日どこかの会社説明会に行こうと思っていた」という言葉が印象に残りました。私は、自分の興味のある会社だけ説明会に行こうと思っていましたが、現時点で興味が薄い業界や企業の説明会にも行った方が自分の視野や選択肢が増えると学び、私もそうしよう!と思いました
 

今後どう行動する?2日間の気づきから

K・Mさん(人間科学部スポーツ学科 3年次 石川県 星稜高等学校出身)
卒業生の就職活動体験を聞くことができ、分からなかった部分や不安だったことが少なくなりました。「就活は、自分と人は違う」ということを念頭においてやっていこうと思います。その業界についてよく知り、仕事内容もしっかりと把握した上で入社試験を受けていかなければいけないと感じました。また、今回複数人のスポーツ学科卒業生の話を聞くことができたことも、私にとっては大きかったです。しかし、「人は人、自分は自分」ということも忘れずに、自分らしく就職活動を頑張ろうと思います。
 
N・Nさん(経済学部経営学科 3年次 石川県 金沢西高等学校出身)
営業の先輩方が多かったですが、どの方もとても話が上手く営業マンはすごいなと思い、自分もこうなれるのかなという不安もでてきました。希望業界以外でも魅力的な仕事がたくさんあり、今は絞るのではなく、もっと視野を広げて多くの業界を調べていこうと思いました。自分の今やることを整理できたし、これから就活解禁まで先読みして逆算しなければいけないことが多く、準備期間として今の時期の大切さが自覚できたのでとても有意義な時間が過ごせました。人事の方からいただくイメージと実際の社員の方から感じるイメージは少し違うので、インターンやOG・OB訪問をできたらいいなという思いもあり、だんだん自分がわがままになっていくような気もして、謙虚に頑張ろうと思いました。
 
H・Sさん(経済学部経済学科 3年次 石川県 金沢錦丘高等学校出身)
先輩方のお話を聞いて、自分の可能性を狭くしているのは自分自身だと思いました。やらなければいけないことがたくさんで大変ですが、広い視野をもって積極的に行動しようと思いました。また、たった半年本気でやればこれから何十年の自分の人生がより良いものになるので、後悔のない就職活動をしたい!と思いました。私は学生生活で特に目立ったことをしてきてないのでどうしようかと思っていましたが、そういう先輩もいらっしゃって就職期間のやる気次第で満足いく就職ができると知り、本気で取り組もうと改めて思いました。