OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

【地域連携】地域スポーツ支援における心理的コンディショニングサポートシステムの構築

2018年02月15日 TOPICS

地域連携センターでは、地域フィールドを舞台とした教育研究活動を通して、課題解決能力と地域の活力となる新たな知を生み出す力を持った人材を育成することを目的に、地域の課題やニーズを確認しつつ、関係団体と連携して地域の活性化に寄与する活動を推進する事業を行っています。
今年度4事業が採択されましたが、そのうちの1事業の活動をご紹介いたします。

「地域スポーツ支援における心理的コンディショニングサポートシステムの構築」

本事業では、ジュニア水泳選手を対象に継続して心理的コンディショニングサポートシステムの構築に向けて取り組んできました。
活動は、講習会と心理的コンディションチェックの2本立てで進めていきました。“⼼”について眼に⾒えないからといって可視化することを諦めるのではなく、⼼理検査や⽣理指標など科学的⼿法により客観的に定量化し、試合へのコンディショニングを考えていくことをねらいとしたサポートを展開しました。

コンディション指標として、ストレス/リカバリーのレベルを測定する心理検査 (RESTQ-sport 76)を、生理指標では唾液中コルチゾール/デヒドロエピアンドロステロンを使用し、1カ月に一度のペースで定期的に測定及びフィードバックを行いました。また、講習会では、試合で良いパフォーマンスを発揮するための心理的準備として何が必要なのか、どのような調整が必要なのかを学生が相談の聴き役になり、一緒になって考えました。

「なるほど、音楽を聴いて気持ちを盛り上げていけば上手くいくかも?」「今度からレースの前にルーティンを取り入れてやってみよう!」など、良い“気づき”に繋がった時は選手、学生共々嬉しそうな顔をしていたのが印象的でした。