OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【地域連携】外国人観光客向けの日本酒ワークショップを実施しました!

2019年02月18日 国際交流

2月14日(木)

金沢星稜大学の経済学部と人間科学部に在籍する学生4人で構成するグループ「けさけさ」が、石川県を代表する日本酒の一つである「手取川」の蔵元「株式会社吉田酒造店」と外国人観光客にも高い人気を誇る「HATCHi 金沢 -THE SHARE HOTELS-」の2社の協力を得て、訪日外国人観光客向けの日本酒ワークショップを実施しました。当日は、ポーランド、台湾、カナダ、ドイツからの観光客7名が参加しました。
 
2018年秋から、書籍を通して日本酒の歴史や製造方法を調査するとともに、県内の複数の酒蔵見学を通して、英語による日本酒の魅力を伝えるための準備を行ってきました。2019年1月9日にプレワークショップを行い、そこでの反省点や改善点を踏まえて2月14日に本番のワークショップを実施しました。なお、この活動は、大学コンソーシアム石川の「平成30年度 学生による海外誘客チャレンジ事業」の一つとして実施されました。
 

<大学コンソーシアム石川の「平成30年度 学生による海外誘客チャレンジ事業」について>
県内高等教育機関に在籍する学生のアイディアや自由な発想を活かした、石川県を訪れる外国人を増やすことを目指した活動(以下、「海外誘客活動」という。)を支援することで、学生がグローバルな視点や、地域資源の活かし方を学ぶ場を創出し、県内の海外誘客活動の機運醸成や観光に関するグローバル人材の育成、学生に石川の魅力を再認識してもらい卒業後も地元で活躍できる人材の育成に結び付けます。(大学コンソーシアム石川の公式ウェブサイトより)

学生のコメント

経済学部経済学科 3年次 S·Kさん(石川県 星稜高等学校出身)
合計で2回のワークショップを行ったが、2回目は事後アンケートなどから改善点を洗い出し、1回目では行わなかったペアリングや利き酒の動画を活用した。その結果、参加者の方も「ah-」など納得の声をあげてくださっていて、前回より笑顔の人を確実に増やすことができたと思う。また、参加者と学生の距離が近いワークショップにすることができた。
経済学部経済学科 3年次 H·Sさん(石川県 大聖寺高等学校出身)
一番よかったと思ったことは、ご協力いただいた吉田酒造さんの蔵人さんから、「外国人と日本酒の話しがたくさんできて嬉しかったよ。ありがとう。」との声をいただけたことだ。ゲストの方だけではなく、酒造の方からもボジティブな感想を聞けて嬉しかった。また、以前から日本酒に対する興味はあったが、この活動を通してより日本酒を深く知りたいと思った。

経済学部経済学科 2年次 K·Mさん(石川県 大聖寺高等学校出身)
2回のワークショップを経験して一番苦労したことは集客でした。とにかく外国人観光客を誘致することは難しいと実感しました。チームでの活動だったので意見がぶつかることもありましたが、本番では段取りよくワークショップを終えて良かったです。個人的には、吉田酒造店に行き酒蔵を見て回ることができて良かったです。
人間科学部こども学科 3年次 M·Sさん(石川県 金沢高等学校出身)
本番の活動は楽しかったですが、企業と連携しながら成果を出していくにはより沢山の過程を踏んでいくのだなと思いました。これからはこの貴重な機会を糧にして、地元の魅力をより発信できるような活動や、逆に再発見できるような活動を考えていきたいと思います。