OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【スポーツ学科/西村ゼミ】『金沢武士団とのコラボ企画』大成功!

2019年02月28日 TOPICS

2月23日(土)·24日(日)

 
人間科学部スポーツ学科の西村ゼミ(3年次 スポーツフィールド演習)では、石川県のプロバスケットボールチーム「金沢武士団(金沢サムライズ)」と連携し、スポーツマネジメントの実践学習に取り組んでおり、試合の告知や当日のイベント運営等を行いました。
 
金沢市総合体育館において、両日で3,600人の来場者を目指した今回のゲームは″金沢星稜大学プレゼンツ″として行われ、本学のサークル「Highway Star」・「CRASH」がオープニングセレモニーやハーフタイムにダンスを披露し喝采を浴びるなど、様々な形で学生達が会場を盛り上げました。

参加学生のコメント

人間科学部スポーツ学科 3年次 A·Mさん(石川県 小松明峰高等学校出身
今回、金沢武士団と連携して、2月23、24日の試合をプロデュースさせていただきました。地域のプロスポーツを盛り上げたい、また行きたいと思いたくなるような環境、企画づくりを目的として、コアファンだけでなく新規のファンにも目を向けました。
約5ヶ月をかけ、インタビュー調査や企画提案、打ち合わせを行い、目標であった観客数3,600人は達成できませんでしたが、自分たちのプロジェクトとしては大成功だったのではないかと思います。
SNSや現地で、ファンの方々が自分たちのやっていることを見てくれていて、それに対して評価してくれていることを直接感じることができたのが私の中で一番嬉しかったことです。自分たちは今回のこの一試合だけでしたが、会場全体をいい雰囲気にして盛り上げることに貢献できたのではないかと思います。これからも「スポーツを通して人と地域を幸せにする」意識を忘れず、自分自身も成長していきたいです。

人間科学部スポーツ学科 3年次 T·Sさん(富山県 伏木高等学校出身)
金沢武士団さんの試合のイベントの企画・運営を金沢星稜大学プロデュースという形で携わらせていただきました。エンターテイメント性の高いバスケットボールの特性を活かし、こんなイベントがあるなら試合を観に行こうかなと思っていただけるような企画作りを心がけました。
今回のイベントは、自分たちだけでは成功させることはできませんでした。金沢武士団の選手・スタッフの皆様をはじめ、快くアンケート調査に答えていただいたファンの皆様、イベントに参加してくれた星稜大のダンスサークル2チームのメンバー、自分たちの活動を支援してくださった大学職員の皆様など、様々な方々のご協力があったからこそ、このような貴重な経験を得られたと思います。ありがとうございました。
地域とプロスポーツが手を取り合い、お互いが盛り上がっていくために何が必要なのか、今回のプロジェクトで感じたことを整理し、考えていきたいです。
人間科学部スポーツ学科 3年次 R・Tさん(石川県 金沢西高等学校出身)
2日間、金沢武士団の試合運営のお手伝いをさせていただきました。この2日間、試合のお手伝いをさせていただくにあたり、たくさんの方々にご協力いただきました。本当にありがとうございました。
自分たちは試合の約5か月前から活動をスタートして、試合当日まで初めての経験やたくさんの人との関わりなど多くの出会いがあり、とても楽しく、とても貴重なあっという間の5か月間でした。
これからも感謝の気持ちを忘れず、たくさんの楽しい出会いと巡り合えるよう活動していきたいと思います。本当にありがとうございました。