OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【陸上部】メダル獲得!第15回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会

2018年06月20日 TOPICS

5月26日(土)・27日(日)

大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場にて「第15回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会」が開催され、人間科学部スポーツ学科2年次の松井虎太郎さん(埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園出身)が5000mと1500mに、人間科学部スポーツ学科1年次の藤信美紀さん(高岡聴覚総合支援学校出身)が走幅跳と走高跳に出場しました。

松井虎太郎さんは5000mを19分38秒78(参考記録)で走り切り7位、1500mを4分40秒13でゴールテープを切り、優勝を果たしました!藤信美紀さんは走幅跳を4m36/+0.7で4位、走高跳を1m33の2位で終えました。また、同大会には本学OBの森光佑矢さん(SMBC日興証券)も出場し、800mを1分56秒91で駆け抜け、金メダルを獲得しました!

松井 虎太郎さんのコメント

1500mも5000mも結果的にどちらも満足のいくタイムを出せませんでしたが、今出せる力はしっかりと出せたかなと思います。また、今大会を通して今の自分に改善すべき部分をいくつか見つけることができたので、改善点を意識して今後とも練習に励んでいきたいと思います。いつかは健聴者にも通用する選手になれるように頑張ります!

藤信 美紀さんのコメント

私にとって記録が不甲斐ない結果で悔いが残る大会でした。でも、特別海外選手がいたので良い勝負をすることができ、良い経験になりました。今後の目標は、まだ先のことですが、2021年に行われるデフリンピック出場です。昨年度卒業した先輩に引き続き、私も3年後に金沢星稜大学の代表として出場したいです。これから自己ベストを1cmでも高く更新し、世界と戦える選手になりたいと思います。そのために、これからの練習を仲間と共に一生懸命取り組んでいきます。