OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

留学生の日本文化体験~浴衣で灯篭流しを見学~

2018年06月20日 国際交流

6月1日(金)

台湾、インドネシア、ロシアからの留学生が加賀友禅灯篭流しを見学し、『おもてなし娘』(サークル)と一緒に浴衣姿で金沢の祭りを楽しみました。浅野川の清流を流れる灯篭の幻想的な風景に留学生だけでなく、日本人学生も見入っているようでした。初めて浴衣を着た留学生もいれば、自前の浴衣を持参し、着付けも自分でおこなった留学生もいて、それぞれが日本人学生と一緒に夜祭りを楽しんでいました。

学生のコメント

L·Fさん(インドネシアからの留学生)
浴衣を着るのは初めてではないのですが、日本の祭りを見に行くのは初めてでした。水で流される美しい灯篭を見ることができて、思わず心が温かくなりました。浴衣を着て祭りに参加することができて、とてもうれしいです。この日は一生忘れない一日になりました。
 
S·Yさん(人文学部国際文化学科3年次 石川県立小松高等学校出身)
『おもてなし娘』として今回のイベントを企画・運営
合計20人を超える大人数となったので、グループに分かれて行動しました。留学生とは話したことのない学生ばかりでしたが、皆すぐに打ち解けて写真を撮ったり、SNSアカウントを教えあったりしていました。今回私は初めて灯篭流しを見に行きましたが、外国人観光客の多さに驚きました。そこで留学生に灯篭の意味を聞かれたとき、私は答えに戸惑ってしまいました。観光地の知名度が高くなるにつれ、単に地元の土地を説明できるだけでなく、様々な知識を深めなければいけないと改めて気づかされました。
『おもてなし娘』とは
外国人留学生や外国人観光客と交流し、おもてなし(観光地やイベントの案内など)をするサークルです。