OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【スポーツ学科】高校生の自主組織研修会にアドバイザーとして参加(池田ゼミ)

2018年07月26日 TOPICS

7月18日(水)

4つの高等学校がそれぞれ自主的に結成している安全活動組織の合同研修会が金沢東警察署で行われ、その中の意見交換会にスポーツ学科の池田ゼミの学生2名がアドバイザーとして参加しました。
若者に防犯や交通マナーに関心を持ってもらう方法について、日頃のゼミ活動の経験をふまえて、高校生に対し専門的な角度からアドバイスをするなど、活発な意見交換が行われました。

意見交換会に続き、スポーツ学科の池田幸應教授による講演会が開催され、「地域に根ざしたボランティア」をテーマに、高校生に向けてメッセージを送りました。

参加学生のコメント

人間科学部スポーツ学科 3年次 Y・Yさん(福井県 若狭高等学校出身)
4つの高校の活動発表を聞いて、どの高校も地域と協力しながら交通マナー向上を目指して活動を行っており、心強いなという印象を受けました。発表後の意見交換会では、警察の方、高校生、大学生でアイデアを出し合い、今後の交通マナーアップや犯罪防止につながる良い機会になったと思います。また、自分自身の交通マナーを見直す機会にもなりました。
このような活動が広まり、多くの人に関心を持ってもらえるようになると嬉しいです。

人間科学部スポーツ学科 3年次 Y・Aさん(富山県 富山工業高等学校出身)
地域の交通を守る高校生たちの提案を聞いて、改めて地域の人たちと協力して安全な地域にしていかなくてはいけないと感じました。イヤホンを付けながら自転車に乗ることや、ながらスマホの危険性もそれぞれの高校で伝え、大学生にも伝えなくてはいけないと思いました。
また、高齢化が進んでいるなかで、特殊詐欺も防がなくてはいけません。こまめに身内と連絡を取ったり、電話で話す際に本人と証明するための工夫が必要だと思いました。