OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

【地域連携】子ども達に外遊びの楽しさを伝えたい!「キッズウォーターアドベンチャー 開催」

2017年08月21日 TOPICS

8月11日(金)

白山市と金沢星稜大学との包括連携協定にもとづき「キッズウォーターアドベンチャー」(白山市教育委員会と金沢星稜大学人間科学部スポーツ学科地域スポーツマネジメント研究室との共催)が実施されました。「子ども達のスポーツ離れや運動嫌い」という課題を抱える白山市と「スポーツや体を動かすことの楽しさをどう伝えるか」を学ぶ学生達の思いがマッチングし、実現に至りました。

学生のコメント

R・Hさん(人間科学部スポーツ学科4年次 石川県 星稜高等学校出身)
白山市の小学生の運動・スポーツに関する現状から、イベントの目的や方向性を定め、企画立案の段階から中心となって準備を進めてきました。白山市の担当者の方や、プロジェクトメンバーの学生との度重なる打ち合わせで、目的をしっかりと理解し、また当日スタッフとして参加をしてくれた学生にも共有することによってみんなの思いが一つとなり、それに向かって力を合わせることができました。
イベントを終えて、子ども達のたくさんの笑顔や、はしゃいでいる様子が見られて、率直に嬉しいです。また、このような体験から子どもたちが、体を動かすことの楽しさ、面白さを学んで、運動・スポーツに興味を持つきっかけになってくれればと思います。

過去のゼミ活動などの経験から、準備の大切さは十分に理解していたので、入念に行うことができました。しかしながら、当日イベントを進めていく段階で、ここが足りない、もっと工夫できたと思うところがあります。今後の課題としては、そういったところを少なくしていくこと。また、どのように当日イベントを指揮するかという能力もさらに磨いていきたいです。
 
イベント実施にあたり、関わって頂いたすべての方々に対して、学生がこのように学べる機会を与えて頂いていることに感謝したいと思います。

連携自治体(白山市)の方からのコメント

白山市としても、多くの子どもたちに運動やスポーツの楽しさを伝えるために様々な施策を行っておりますが、今回の「キッズウォーターアドベンチャー」のようなイベントは、楽しく体を動かすことの大切さを伝えることのできたイベントになったと思います。

また、金沢星稜大学の学生が企画から運営まで中心となって行われたことが本当に素晴らしく、子どもの目線で親しみやすく接していただいたことから参加した子どもたちも本当に楽しんでいました。

これからも、子どもたちに運動やスポーツの楽しさを伝えられるよう連携した取り組みを行っていきたいと思います。
白山市教育委員会スポーツ課 主査 山岸卓郎 様