OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【就職】ほし☆たび2018 ウラジオストク 〜ジブンを超える7日間〜

2018年09月21日 就職・資格

8月18日(土)~24日(金)

6泊7日。鳥取県境港から韓国・東海市を経由しロシア・ウラジオストクを目指す就職合宿クルーズ「ほし☆たび ウラジオストク2018」。今年は56名の学生が参加しました。

洋上では就職活動に役立つ様々な問題解決のツールを学ぶほか、就職活動を成功に終えた先輩方(スキッパー)に、普段の学生生活で意識していたことや就職活動時における留意点などが参加学生(クルー)に伝えられます。

スキッパーは、クルーの想像していた就職活動をよりリアルにし、現在に何が必要なのか、これから何をすればよいのかを体験談を交えて話し、台風直撃の荒波に見舞われる中、それでも耳を傾ける学生が多く見受けられました。

またロシアでは、ウラジオストクの異国情緒あふれる街並みにも触れ、海を隔てた文化の違いを肌で感じる機会となったようです。

参加学生のコメント

経済学部経済学科 1年次 N・Mさん(福井県 福井商業高等学校出身)
ほし☆たびでは多くの貴重な経験を得ることができました。この研修のメインである、ディスカッションの練習や就職体験談などは、船に揺られる大変な環境の中でも、耐えて積極的に参加することで多くの知識を得ることができました。
また、ロシア・ウラジオストクでの観光も友達同士協力しあって、充実させることができました。
トラブルも多くありましたが、ほし☆たびに参加して本当に良かったなと思いました!

経済学部経済学科 2年次 R・Yさん(富山県 高岡商業高等学校出身)
ほし☆たびでの7日間は発見の連続でした!海外での異文化体験はもちろん、共通言語のない人との会話や3分間スピーチから自分の考えを相手に伝えることの難しさ、先輩方の話から未知だった就活のイメージなど、多くの発見をすることができました。
このほし☆たびを通し、色々なことに気づけたこと、沢山の人と関われたこと、その全てに感謝です!
経済学部経済学科 1年次 R・Tさん(富山県 砺波高等学校出身)
私は自分に自信を持てるようになりたい、大学生のうちになにか思い出をつくりたいと思い、ほし☆たびに参加しました。
船の中での研修では最初は緊張してうまく話すことができませんでしたが、何度か研修を行ううちに人前で話すことに抵抗がなくなり、最後の研修では堂々と話せるようになりました。
また、海外で貴重な体験もできたので、勇気を出してほし☆たびに参加してよかったと思います。


経済学部経済学科 4年次 R・Mさん(石川県 小松明峰高等学校出身)
私は、クルーの成長を全力でサポートしようとほし☆たびに参加しました。しかし、実際に参加してみて、私がクルーに成長させられたと感じます。
職員の方や先輩の言葉を素直に聞いて、変わりたいという自らの思いに向き合っている子が多かったです。大学生活4年目を迎えて、1、2年生の素直さやフレッシュさがとても眩しく感じました。
キラキラに輝いた目で、これからの大学生活をどのように過ごそうか真剣に考えているクルーの姿を見て、きっと充実した大学生活を送り、納得のいく就職活動ができると感じました。
私も来年の4月から新社会人として働く際には、クルーたちのようにフレッシュ且つ貪欲に、職員の方のように迅速且つ適切に頑張りたいと思います。

学生広報プロジェクト

経済学部経済学科 1年次 Y・S
経済学部経済学科 1年次 T・A