OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【国際交流】エリア・スタディーズ(カナダ)~人を通して世界を知る~

2018年09月25日 国際交流

8月24日(金)~9月3日(月)

エリア・スタディーズ(カナダ)に9名の学生が参加し、大自然に囲まれたバンクーバー島で生活する様々な人々と交流しました。空港到着後、それぞれが9日間お世話になるホストファミリーと合流し、研修がスタートしました。

翌日からは地元のマーケットや大学を訪問して現地の人々と交流しました。また、日本でも販売されている天然水の工場を訪問したり、バンクーバー島で働く日本人にインタビューするなどして海外の生活を学びました。

空港でのお別れの際は、涙を流す学生や今後もお互い連絡しあうという声も聞こえ、短期間の滞在でもホストファミリーとの絆を結び、人を通して世界を学んだ研修となりました。

参加学生のコメント

経済学部経営学科 2年次 M・Yさん(石川県 大聖寺高等学校出身)
この研修は企業や大学訪問だけでなく、ホームステイで現地の生活が体験できることが魅力だと思い参加しました。
ホームステイ先では一緒に料理をしたり、後片付けや洗濯をするなど、積極的に家事を手伝おうと思い実践しました。ホストファミリーと話をしているうちに、英語で話すことに不安がなくなり、カナダで知らない人にも英語で質問できるようになりました。
カナダと日本の生活スタイルの違いもわかり、カナダの生活の良いところをこれからの日本の生活でも取り入れていきたいと思います。

経済学部経済学科 2年次 N・Kさん(石川県 星稜高等学校出身)
今回のエリア・スタディーズ(カナダ)を通して、学びに対する意識と自分の将来に対する意識が変わりました。
企業研修でGlobal Villageという語学学校を訪問したときに、世界中から様々な年代の方が学びに来ていることを知り、彼らの学びに対する意識の高さに触れることができました。また、海外では多くの学生が、早いうちから自分の将来について考えるなど、「目的意識」がとても強いということを知りました。
私も自分の将来について真剣に考えようという気持ちになり、また、将来に対する視野を広げることができ、この研修に参加して本当によかったです。