OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【経済学部】柴山潟クリーン大作戦(張ゼミ)

2018年10月12日 TOPICS

9月4日(火)~5日(水)

「現代環境問題の解決」をテーマにした張ゼミでは、加賀市の柴山潟の環境美化を目的に、現地での調査を行いました。水質調査により、汚染の深刻化をより一層に明らかにすることができたと共に、清掃活動を通じて水汚染の原因を究明しました。
身近な環境問題を自らの活動で解決できるとの意識が高まり、清掃による達成感が得られた調査活動となりました。
 

参加学生のコメント

経済学部経済学科 2年次 N・Tさん(石川県 金沢高等学校出身)
私が所属している張ゼミでは「環境」についてみんなで学んでいます。
今回参加したゼミ旅行では、主な活動として加賀市片山津温泉のシンボルとも言われている柴山潟周辺のゴミ拾いを行いました。近年、ごみの「ポイ捨て」が環境問題のひとつとして挙げられていますが、正直あまり深く考えたことはありませんでした。しかし「どうすればポイ捨てが減るのか」、「ポイ捨て撲滅を目指す地域はあるのか」など、実際に活動することで新たな視点から「ポイ捨て」について考え直すことができ、とても良い機会になったと思います。
 
経済学部経済学科 2年次 K・Nさん(石川県 野々市明倫高等学校出身)
今回1泊2日のゼミ合宿を行いました。当初は正直なところあまり乗り気ではなく、行きたくないという気持ちの方が強かったです。しかし実際に参加してゴミ拾いを行った際に、協力して取り組んだり、また宿泊先でともに過ごしたことにより、これまで同じゼミ内でもあまり関わっていなかった人達とも交流することができ、親睦を深めることができました。また、今回は現地の宿泊先付近にある公園でゴミ拾いを行いましたが、公園ということや観光地でもあるということでゴミなんて無いだろうと思っていましたが、よく周りを見渡すと意外にもゴミがたくさん見つかり、もっと一人ひとりが歩く際にゴミを見かけたら拾っていくなどの意識を高めていく必要があると感じ、自分も心がけて行こうと思いました。今回のゼミ合宿はいい経験になりました。
 

経済学部経済学科 2年次 K・Sさん(富山県 氷見高等学校出身)
今回のゼミ合宿では、主に宿泊地周辺の公園の水質調査とゴミ拾いを行いました。張ゼミでは、環境問題をもとに経済学・社会科学の在り方について学んでおり、今回の実習は身近な環境問題について触れることのできた良い機会でした。調査地は、水が濁っていたり水辺にゴミが落ちていたりして、あまり良い状態ではありませんでした。この合宿で、環境問題解決に取り組む必要性や、今学んでいる経済の知識をどのように活用して環境問題に役立てられるかを考えることができたと感じました。