OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【硬式野球部】福岡ソフトバンクホークスが指名挨拶に来学

2018年10月30日 TOPICS

10月30日(火)

10月25日(木)に行われたドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスから6巡目で指名を受けた泉圭輔投手(経済学部経済学科 4年次)に球団が指名挨拶に来学されました。

球団からは、福山龍太郎アマスカウトチーフ、山本省吾スカウト(星稜中学校、星稜高等学校出身)が訪れ、篠崎尚夫 学長、北川良 硬式野球部監督、泉圭輔 投手と挨拶を交わしました。

挨拶の後、球団のキャップを被り撮影に応じた泉投手は「実感が湧いてきました。ここからがスタートという気持ちで、気が引き締まる思いです」と語り、緊張した面持ちながらも、これからプロの舞台で戦うための強い決意が垣間見られました。

今後、金沢市内で入団交渉を行い、合意に至った後、福岡にて正式契約が結ばれます。
年明けには福岡にて行われる新人合同自主トレーニングに参加する予定です。

山本省吾スカウト(星稜中学校、星稜高等学校出身)のコメント

金沢西高校時代から目をつけていた選手でした。当時から本当に将来が楽しみだなと感じていましたが、この1年間は泉投手に特に注目して追いかけてきました。投手としてのセンス、バランス、指先の感覚など、評価が高く、他球団に取られないか心配していました。私自身も星稜中学・高校の野球部出身ということもあり、強いご縁を感じ、この日を迎えられて大変嬉しく思っています。
金沢星稜大学初のNPB選手、かつ石川県内の大学から直接NPB選手になるのも初ということで、泉投手が背負うものも大きいはずです。持ち前の芯の強さを生かして、厳しいプロの世界でも勝ち星を上げられる投手になってほしいと思います。期待しています。