OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【国際交流】留学生が能登の魅力を発見-輪島朝市巡りと気多大社参拝-

2018年11月14日 国際交流

10月13日(土)

石川の歴史や文化を学ぶため、留学生8名が日帰りで能登の名所を巡りました。輪島朝市では、地元の人との会話に戸惑いつつも、買い物や食べ歩きを楽しみました。
輪島塗の箸の沈金体験では、皆、自分の箸に好きな絵や言葉を一生懸命刻んでいました。

気多大社参拝では、宮司さんが、気多大社の歴史について説明してくださり、神殿でのご祈祷もしていただきました。
千里浜なぎさドライブウェイでは留学生たちは夕焼けと海風を浴びながら、思い思いに写真を撮っていました。

参加した留学生のコメント

P·Xさん(中国からの留学生)
待ちに待った旅行がいよいよ始まりました。天気の良い日に、バスに乗って目的地に向かいました。最初に到着したのは、輪島朝市でした。地元の人と会話を楽しみながら、おいしい物を食べるのも朝市の醍醐味でした。きれいな店や橋があって、写真を何枚も撮りました。昼ご飯を食べたお店の雰囲気は本当によかったです。森の中にあり、まるで私だけが知っているかのような小さなレストランでした。まぐろ丼は新鮮で安くて大変美味しかったです。
 

箸の沈金体験は手が本当に痛くなりましたが、最後の完成品を見たときはとても嬉しかったです。気多大社ではご祈祷を体験し、貴重なお話も聞けていい経験でした。一日の中で一番印象に残っているのは、浜辺に向かってバスでゆっくりドライブしたことです。窓を開けて、夕日と海を見ると、すべてが特別で美しかったです。千里浜なぎさドライブウェイのドライブは最高でした。みんなと一緒に忘れられない一日を過ごしました。

Y·Wさん(台湾からの留学生)
10月13日(土)、天気晴れ、朝早起き。普通なら眠たいはずだが、ワクワクして全然眠くなかった。能登の日帰り旅行、とても楽しみでした!輪島朝市で食べ歩き、有名な甘酒と柚子ソフトはとてもおいしかったです。午後には能登の伝統的なお箸作り体験、日本伝統の技法「沈金」を使い、綺麗なお箸ができました。
その後、気多大社という能登で有名な神社を参拝しました。初めて神社の中に入り、ご祈祷を体験しました。普段は外から見るだけでしたので、今回の体験は本当に新鮮で素晴らしかったです。帰り道は千里浜海岸に寄りました。夕日の光が空をあかね色に染め、幻想的な景色で、最高の1日が終わりました。