OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

MOON SHOT abroad 2017報告会 #2

2017年11月16日 就職・資格

10月16日(月)・19日(木)・20日(金)・24日(火)・26日(木)

MOON SHOT abroad 2017 報告会が開催されました。
5日間で、参加した全80名の学生たちが、寮の部屋割ごとのグループで、スライドを使いながら15分間の成果発表をしました。
学生の声を紹介します。

 

挑戦してみたら、不安が消えました

R・Mさん(経済学部経済学科1年次 石川県 金沢桜丘高等学校出身)

毎日笑っていた6人部屋

今回の語学研修の半分以上が短大生で、大学生の私は馴染めるかどうか不安でした。また、現地での部屋割も全く知らない子ばかりで行く前は少し憂鬱でした。しかし、セブに行って2日目くらいで、6人で話すのが本当に楽しみになっていました。毎日授業が終わって夜ごはんを食べ、部屋に帰って6人で話しました。

セブに行って良かったなと思うことは、英語の勉強ができたことももちろんですが、友達ができたことです。最初は全く知らない6人で2週間も同じ部屋で生活していけるかな…と思っていたけれど、セブでの生活が終わる頃には、それがなくなるのが本当に寂しかったです。

次はもっと長く留学を!

セブに行ったことで、英語を話せるということは楽しいことなんだと気付くことができたので、その気持ちを忘れないうちに英語の勉強を続けて頑張りたいと思います。学校の英語の授業をもっと集中して受け、宿題をもっと丁寧に行い、自分のためになるような勉強をしたいと思います。普段も英語の勉強を重ね、TOEICで600点とれるように頑張りたいです。

また、セブに留学したことが本当に楽しく、すごくいい経験だったので、また機会があったら留学してみたいと思います。今回は2週間だけでしたが、もっと長い間行きたいです。将来は、海外旅行をしたとき、現地の人と会話を楽しめるくらいの英語力をつけたいと思います。セブに行った経験を無駄にしないよう、これからも英語の勉強を続けます!

新しいことへの挑戦が生む喜びや学びをたくさん経験

M・Sさん(人間科学部こども学科2年次 富山県 高岡南高等学校出身)

失敗を恐れていた自分が、大きな一歩!

私は、英語が嫌いではないですが不得意だったので海外での生活や授業は不安で仕方ありませんでした。しかし、授業数2回目にして、少し自分の思いを自分なりの英語で伝えられるようになりました。それでもまだ言い換えて伝えるということは難しく、諦めてジェスチャーだけで伝えようとすることがしばしばありました。
ボキャブラリーが少ないと授業が円滑に進まないため、予習・復習をするようにしていたところ授業中の先生とのコミュニケーションの時間が増えました。先生は、私が理解できない部分があると例を挙げて話してくれる。このように、相手に伝わらなくても何とか表現して伝えようとすることの大切さを学ぶことが出来た2週間でした。

今回の語学研修はたった2週間でしたが、英語の勉強だけでなく、文化の違いやフィリピンと日本のそれぞれの良いところに気づくことができました。臆病で、失敗したことを考えてなかなか新しいことに挑戦できなかった私がMOON SHOT abroadに参加したことは、大きな一歩になったと言えます。これからは、怯えず、新しいことへの挑戦が生む喜びや学びをたくさん経験し、自分の経験値を増やしていこうと考えます。