OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【 プレスリリース】経済学部 岸本ゼミ 道の駅「めぐみ白山」での白山洋梨菓子の製造販売プロジェクト

2018年11月21日 マスコミの方へ

本学経済学部岸本ゼミでは従来、製品開発活動を通じて地域への貢献を目指しています。
本年度は、4月に開業した道の駅「めぐみ白山」を舞台として2つのプロジェクト活動をすすめています。そのうちの一つは、金沢市の『ぶどうの木』の協力を得て、白山市の農家で少数生産されている洋梨の良さを知ってもらい、新たな白山市の特産になる可能性を探るというものです。

梨は白山市の特産品としてよく知られていますが、白山市の梨農家では和梨の他、数は少ないですが品質の良い洋梨が生産されています。しかし、未だに認知度は低く、積極的、本格的に生産されていないのが現状です。
昨年より白山市の洋梨の可能性を探るべく、梨農家の南さんの洋梨を使用して製品開発に取り組んできました。昨年もぶどうの木の協力で、学生たちがアイデアを出し試作を重ねて本学の学園祭で販売し好評を得ました。
本年は昨年の経験を活かしつつ、再びぶどうの木の協力をいただき下記の日時に洋梨のお菓子「ラ・タルト」を道の駅「めぐみ白山」で個数限定の販売を行い、来店者に白山の洋梨のおいしさを伝えます。

参考:白山市WEB サイト まちづくり·産業·交流


  • 日時:11月23日(金·祝)、24日(土)10:00~16:00 (各日 売り切れ次第終了)
  • 場所:道の駅「めぐみ白山」(白山市宮丸町2183)