OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

【ハンドボール部(女子)】北信越総合カップに出場!

2017年12月20日 TOPICS

12月16日(土)、17日(日)


社会人・大学・高校・中学の女子チームが一同に集う総合大会として、社会人チーム小松クラブが創設した『北信越総合ハンドボールカップinこまつ』。今回の第12回大会に出場させていただきました。

参加の16チームを4グループに分かれての予選リーグ。本学は福井県の啓新高校には勝ちましたが、富山エンジェル・小松クラブの両社会人チームには力及ばず、1勝2敗で翌日の順位決定トーナメント(9~12位決定戦)へ進みました。
金沢市立浅野川中学に勝って迎えた9位決定戦、金沢市の社会人チームであるドルフィンズに競り負け、16チーム中10位という結果に終わりました。

11⽉に全国⼤会初出場を果たしたハンドボール部。これからも経験豊富な社会⼈チームや他⼤学、高校生との強化試合を通じて競技力向上に励みます。

選手のコメント

N・Sさん(キャプテン 人間科学部スポーツ学科3年次 石川県 北陸学院高等学校出身)
今大会、ゼミ活動等で人数がギリギリの中、16チーム中10位の成績で終われて良かったです。
試合では社会人のプレーからスナップの効いたシュートやステップシュート、ランニングシュートの有効性を学びました。また中学生、高校生からは速攻に行く切り替えの速さを学ぶことができました。
今大会を通じて個人のオフェンス、ディフェンスやチームのまとまりを向上させ、春リーグまでに修正していく必要があると感じました。
大会を運営してくださった小松クラブをはじめ、多くのチーム関係者の皆様に感謝いたします。

K・Oさん(経済学部経営学科3年次 富山県 小杉高等学校出身)
大会は7人というギリギリの人数での出場でした。
苦しい場面が何度かありましたが、一人一人が声を出して励ましあい、楽しくハンドボールをすることができました。また、幅広い年代と試合をすることで、普段あまり見ることのできない大人のプレーや、スピードとキレのある中学生や高校生のプレーを目の前で感じることができました。
来年度は今大会で感じたことをたくさん吸収し、ハンドボールが上達できるようにさらに頑張ります。