OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

【こども学科】直江フィールド『おはなしの森』100回達成!

2017年12月21日 TOPICS

12月17日(日)

こども学科3年次「こどもフィールド演習」(担当:直江学美准教授)の学生たちが継続して行っている『おはなしの森』が、この日記念すべき100回目を迎えました。
『おはなしの森』とは、金沢市寺中町の金沢海みらい図書館と連携した活動で、幼児・児童に図書館や本に興味を持ってもらうことを目的として始まったものです。

今回はクリスマスにちなんだ内容で、絵本の読み聞かせ、LEDライトを使ったランプづくり、トーンチャイムの演奏、影絵のおはなしを行いました。今年初の大雪に見舞われたこの日、図書館の駐車場が除雪のため午前中使えないという状況であり、午前の部は過去最少という参加者数での開催となりましたが、駐車場が復旧した午後は多くの方々にご参加いただきました。


参加学生のコメント

S・Sさん(人間科学部こども学科 3年次 石川県 大聖寺高等学校出身)
おはなしの森では、ゼミのメンバーでそれぞれテーマを決めて、どんなふうにイベントを進めていくかを毎回話し合い、準備を進めました。壁面をつくったり、どのくらいの子どもたちが参加するか予想して道具の準備をすることが特に大変でしたが、自分たちで試行錯誤しながら頑張りました。 イベントには多くの子どもたちが来てくれました。おはなしの森を通して、自分から積極的に子どもたちへ話しかけることができるようになりました。これからも自分から動くことを心がけていきたいです。

Y・Mさん(人間科学部こども学科 3年次 石川県 金沢高等学校出身)
12月17日に行われた「おはなしの森」は100回目のメモリアルでした。
「おはなしの森」とは直江ゼミが1年間に6~7回程度、金沢海みらい図書館で行なっている子ども向けのイベントで、絵本の読み聞かせや製作活動が主な内容です。私たち直江ゼミが企画・運営を担当しておりますが、反省会では図書館職員の方からもご意見をいただき、次回の企画・運営へとつなげています。
小学校・幼稚園の教員や保育士を目指す私たちにとって、実践的な能力を培うためにもこのイベントを継続していくと共に、子どもたちが笑顔になれる企画をこれからも考えていきたいです。