OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【人間科学部】成果発表会が行われました

2018年12月25日 TOPICS

12月18日(火)

人間科学部(スポーツ学科・こども学科)の必修科目である、2年次「フィールド基礎演習」と3年次「フィールド演習」。学生たちはそれぞれの学科、学年、フィールド(担当教員ごとのグループ)単位で、1年間の活動についての成果発表を行いました。

小学校や幼稚園教員、保育士といった道を目指すこども学科では、「子ども」に関わる活動を行っており、発表においても子どもを意識して工夫を凝らしたものが多く見られました。

スポーツ学科では、競技指導(コーチング)やスポーツイベント運営など、学科の特性に応じた内容の演習が行われています。特別支援学校教諭免許状が取得できる学科ということもあり、今回の発表会では聴覚障害者のための遠隔ノートテイクも同時に行うなど、発表以外でも成果を試す場となりました。

学生のコメント

人間科学部スポーツ学科 3年次 K・Tさん(石川県 鵬学園高等学校出身)
今回のフィールド報告会では、自分たちのゼミ活動を振り返るだけではなく、他のゼミの発表を聞くことで、みんな色んな分野で頑張っているのだなと感じました。
去年よりもユニークな発表が多く、それぞれのゼミの良さがでていて、2年次生にとっては来年度のフィールド選択に向けて参考になったのではないかと思います。私自身もとても興味を持ちながら聞くことができました。
人間科学部こども学科 2年次 K・Aさん(富山県 滑川高等学校出身)
成果報告会を行う上で、人に何かを伝えるためにどうしたら伝わりやすいかに重点を置いて発表の準備をしました。
発表日まで時間が少ない中、空き時間にみんなで集まり練習を繰り返しました。その甲斐があり、会心の出来を披露できたと思っています。
1年次生の反応もとても良く嬉しかったです。これも高先生のご指導とフィールドのみんなが頑張ったおかげだと思います。高フィールドで学んできてよかったと、心の底から思いました。

人間科学部こども学科 3年次 M・Mさん(石川県 星稜高等学校出身)
成果報告会では、一年間のフィールド活動の成果を報告すると共に、その体験から学んだ事や反省点、今後どう活かしていくかなどをフィールドごとに発表し合いました。それぞれのフィールドのパワーポイントは個性的で、劇や番組のようにアレンジした発表を行ったりなど工夫を凝らしてあり、活動の内容が分かりやすいものでした。
私の所属するフィールドは、今回この成果報告会の司会もさせていただきました。このような経験を4年次でも活かし、努力していきたいです。