OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

【人間科学部】フィールド演習成果発表会が行われました

2017年12月27日 TOPICS

12月19日(火)

人間科学部(スポーツ学科・こども学科)の2年、3年次が今年のフィールド活動の成果を発表しました。
学生は決められた時間の中で工夫を凝らし、それぞれのフィールドによる個性あふれる発表に、聴衆は聞き入っていました。

スポーツ学科学生のコメント

N・Mさん(人間科学部スポーツ学科2年次 石川県 鶴来高等学校出身)
今回多くの数のプロジェクト発表があったので、少し焦りを感じながらの発表になってしまった。もう少し周りを見て落ち着いて話すことができれば内容等、わかりやすく伝えることができたと思う。他のプロジェクトの発表を聞いてみんなの頑張っている姿や具体的な内容、学んだことも知ることができた。次年度は自分が興味を持ったプロジェクトのゼミに行き、一層意欲的に学んでいきたい

D・Mさん(人間科学部スポーツ学科3年次 福井県 勝山高等学校出身)
報告会のプレゼンまでの過程ではバドミントンの動作や分析結果を誰にでもわかるように表現することに苦労した。スティックピクチャーの作成やトップ選手の動画編集をするなどといった工夫をした。3次元動作分析やSPSS相関分析にも挑戦したが、なかなか伝えたいことを表現できなったことが反省点。これからはプレゼンを振り返り、選手へのフィードバックや卒論に向けて準備していき、次こそは誰からも認められるようなデータを作り上げたい

フィールド成果報告会学生コメント(こども学科)

M・Sさん(人間科学部こども学科2年次 石川県 金沢高等学校出身)
この1年間で、1つの問題に対して、自分の中で深く考える力はもちろんですが、フィールドのみんなで話し合いながら、協力して練り上げていく力がついたと思います。また、小学校での授業サポート活動では、子どもと関わる時間を多く持たせていただきました。お昼~放課後という時間の子どもたちに携わることで、学級全体を把握しながら、子ども一人ひとりと向き合う時間を持つことができました。報告会では、ハプニングもありましたが、上手く発表できたと思います。

 R・Kさん(人間科学部こども学科3年次 石川県 金沢西高等学校出身)
発表では、歌と手遊びを交えながら自分たちらしく楽しくできました。私たちは1年間を通してラーニングストーリーを描き、子どもの姿を観察、記録し続けてきました。そのため保育実習では、実習記録をすらすらと書くことができました。また、子どもの小さな成長を見逃すことなく観察する力がついたと思います。子育て支援広場での活動においては、保護者の方と話す機会も多く、表面からだけでは分からない、それぞれの家庭の事情などにも触れることができました。