OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2014年度 ]

CDP合格体験レポート(石川県小学校教員)

2015年01月07日 就職・資格

子どもたち、先生たち、保護者の方たち、周りの方々を大切にし、
自分らしさを大切にする教員になりたいです。

人間科学部 こども学科4年 M.Nさん(金沢西高等学校 出身)

Q1 CDPを受講しての感想

教員採用試験に必要な知識を細かく教えていただけたので、CDPを受講して本当に良かったです。
1年生の頃は公務員コースと一緒で「これが教員採用試験にどう関係あるんだ?」と思っていましたが、1年次からの積み重ねがあったからこそ今があるんだと思います。
講義は本当に解りやすく、「勉強するぞ!」と思わせてくれるような講義でした。
そして、周りがおなじ目標に向かって努力しているので、互いに高め合うことができました。


Q2 筆記試験対策について

部活動をしていたこともあり、勉強時間は他の人たちより少なかったかもしれません。
問題集はCDPでいただいたものを一通りやった後、間違えたところ、苦手なところを復習するという形で行っていたので、2~3周したものもあれば、1度きりで終わったものもあります。
苦手なところは、セサミノート(CDPで使用している教材)で確認してから問題集を解いていました。カッコよく言うと、スモールステップを設けて、少しずつステップアップしていきました。(笑)
また、通学は自家用車だったので問題集を読みながら…とかはできなかったのですが、赤信号の時に法律や条文を暗記して、次の赤信号までひたすら唱える、ということもしていたことがあります。

Q3 面接試験対策について

エクステンションセンターの方に、何度も面接練習をしていただきました。自分の改善すべき点はもちろん、自分のことを振り返るアドバイスもいただけたので、もっと早くからしておけばよかったな…と感じます。
本番では、声の出し方や、話すスピードなど、面接練習で何度も言われていたことを自分なりに意識しました。後、とにかく笑顔を忘れずに話しました。
振り返って思うのは、とにかく数をこなすことが大切だということです。面接という場に慣れておけば、本番緊張することはないと思います。 エクステンションセンターの先生たちは面接練習を、ピリッとした雰囲気で行ってくれます。その雰囲気に慣れておけば、本番の面接官はとても優しく穏やかに感じるので、自分の良さを落ち着いてアピールできると思います。

Q4 内定をもらった時の感想、周囲の反応は?

「よかったぁ?!」という感じでした。その時は、部活の大会だったので、チームメイトからも「おめでとう!」と言ってもらいました。
部活動と勉強の両立は大変でしたが、「頑張ってよかった」と思いました。

Q5 後輩へのメッセージ

「やれることはやった!」と思えるような日々を過ごしてほしいです。
自信がなくても、まだまだだと思っても、それでも自分は「やれるだけのことをやった!」という自信があれば、絶対に大丈夫です。わたしがそうだったから。(笑)
勉強とやりたいことにメリハリをつけて、追い込まれて潰れたりしないように、ポジティブシンキングで頑張りましょう\(^o^)/