OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2014年度 ]

【ほし☆たびウラジオストク】スキッパーレポート2

2014年10月22日 TOPICS

ほし☆たびウラジオストク 2014夏にスキッパーとして参加した学生の体験レポートです。
今回は経済学部経済学科4年次 E.Nさんのレポートをご紹介します。

たくさんの外国の方とお話できました

もともと英語は得意ではありませんが、私自身も「自分を超える」という目標をもって、船内の方をはじめたくさんの人に話しかけました。
船内の従業員の方はみんな英語が通じましたし、セブ島の留学をきっかけに英語で話すことに対する苦手意識が無くなっていたので、毎日いろいろな人に話しかけたり写真を撮ったりして楽しく過ごせました。

最終日の下船の時には、従業員の方から英語で書かれたあたたかいメッセージまでいただき、とても印象に残っています。

一生懸命グループディスカッションに取り組む後輩たちの姿

今回のほし☆たびで行われたグループディスカッションのお題は、経験者からしても難しく、初めて参加する1年生が上手く話し合えるかとても心配でした。
でも、後輩たちはいろいろな角度から何度も何度も考え直し、分からないなりにも常に意見を出し続けて熱心に話し合っていました。
時折、アドバイスをすることで話し合いがスムーズに進み、最終的に私の受け持ったグループの子たちが「ベスト機能賞」に選ばれて、自分のことのように嬉しかったです。

「有言実行してみせます!」最後の決意表明の言葉

後輩たちの自信に満ち溢れたこの言葉が、とても印象に残っています。
決意表明だけなら誰でもできますが、ほし☆たびが終わった今現在、実際に行動に移していますという連絡をいくつかもらいました。
私は何度も「行動することに意味があるんだ」と言い続けてきたので、この言葉がしっかりと後輩たちに伝わっていたんだと感じました。これからも後輩達にはさらに自分を超えられるように頑張って欲しいと思います。

行動することで自分を超える

今回のほし☆たびを終えて、何よりも大切なのは「行動し続けること」だと思いました。
私は初めてほし☆たびに参加した2年次の時、最後の決意表明でスキッパーになると宣言しています。その時から意識を変えて様々なことに挑戦してきました。
そして今回スキッパーとしてほし☆たびに参加し、「何においても積極的に行動すること」で、何かを得るきっかけとなり、自分自身を成長させることができると改めて気付かされました。
来年度からは就職して社会人になるわけですが、常に前へ前へと進めるよう、いろいろなことに視野を広げていこうと思います。持ち前の積極性を活かしてこれからも自分を成長させていけるように頑張ります。
スキッパーに選んでいただき、本当にありがとうございました。