OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2015年度 ]

【池田ゼミ】金沢星稜大学少年補導員へ感謝状が授与されました

2016年03月23日 TOPICS

3月15日(火)

2014年4月1日から2016年3月31日までの2年間、金沢東少年補導員として活動した、人間科学部スポーツ学科池田ゼミ4年次の学生3名が功労者として表彰されました。
街頭補導活動や各種非行防止キャンペーン等に参加して、地域の少年非行防止、健全育成に貢献した3名は、金沢東少年補導員連絡協議会会長の太田治郎氏より感謝状を授与されました。(彼らは3月18日、本学を卒業してそれぞれの未来へ歩を進めました)

学生コメント

K.Yさん(龍谷富山高等学校出身)
活動を始める前は、絵に描いたような不良少年を思い浮かべていたのですが、犯罪を犯した少年と関わった時、その少年は自分の周りにいる少年達と変わらない良い子でした。「なぜこの少年が犯罪を犯したのだろう」と疑問に思いました。少年のお母さんにも会いましたが、すごくいい方だったんです。それで、その少年自身が悪いのではなくて、友だち関係など周りの環境が影響していたのかも知れないと思いました。
この活動を通して、どんな少年が犯罪に手を染めてもおかしくないなと思いました。私は卒業後、富山県警察に就職が決定しています。今後も少年に関わる機会があれば、彼らが悪い道に行きそうな時には、それを止められる人間になりたいと思います。
C.Iさん(石川県立小松明峰高等学校出身)
子どもたちと接してみて、考えることが多かったです。最初は犯罪を犯した少年達と「どんな風に接したら良いか」など、不安もありましたが、会ってみると普通の少年達でした。私は補導員の他にも、「立ち直り支援」のボランティアもしていました。そこでは、補導員としてという感じではなく、普通に農業体験をしたり、案山子(かかし)をつくったり、収穫した野菜でお菓子をつくったりと、一緒に楽しみながら子どもたちと関わりました。最初は一人で遊んでいた子どもたちが、だんだんと学生に心を開いて、一緒に元気よく遊ぶようになった姿を見た時、私たち学生がボランティアとして関われてよかったと感じました。
私は、食品スーパーに就職が決定しています。
K.Tさん(石川県立小松工業高等学校出身)
池田先生に推薦されて、少年の非行防止活動に参加しました。事前に活動に関連することを少し調べた時点では、マイナスなイメージを持っていたので、不安もありました。実際に活動を始めて見ると、補導された少年達は普通の子どもたちと変わらないなという印象を受けました。少年達と交流していく中で、興味があることには、少年の方から私に話しかけてくれるくらい深く関わることができるようになりました。彼らと色々な話をしながら、案山子づくりなど様々な活動をしたことはとても楽しかったですし、普段経験できないことも多かったので、為になりました。
彼らとの関わりは、いろんなパターンがあるのですが、私は結構一対一で関わることが多かったです。子どもたちが私に心を開いて、自分から話をしてくれたのが、とても嬉しかったです。
私は、業務用食品会社に営業として就職します。