OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2015年度 ]

【地域連携】第11回 金沢信用金庫寄付講座

2015年12月23日 TOPICS

12月15日(火)

「第11回 金沢信用金庫寄付講座」が開かれました。
今回は、金沢信用金庫の成田昌人専務理事が
「最近の金融経済動向と金沢信用金庫の取組みについて -りくつな※信用金庫を目指して-」というテーマで講義をしてくださいました。
成田専務は信金中央金庫地域・中小企業研究所の調査した中小企業の業況判断D.I.を示しながら、中小企業の業況が改善してきていること、しかしながら業況改善の状況は業種や地区によって異なることなどを説明されました。

りくつな:石川の方言。よくできた、巧みなという意味

また金沢信用金庫の取引先の業況については、売上や受注、原材料価格などに改善がみられる一方で、雇用(人手不足)が深刻化している状況であるとのことでした。さらに同じく信金中央金庫地域・中小企業研究所が調査した「中小企業が地域金融機関に望むこと」に基づき、中小企業が「要望に対する迅速な対応」や「補助金、助成金の紹介・相談」など金融取引そのものとは違う部分のサービスを求めている現状も指摘されました。

授業の後半は、金沢信用金庫が行っているさまざまな金融以外の活動による社会貢献や地域貢献を紹介しつつ、金融以外の活動で貢献できる具体的な企画やサービスについて、学生とのディスカッションを行いました。学生からは若者が望む企画やサービスとして、「職場見学・体験の実施」「20代が交流できるようなコンパの企画」「LINEスタンプの活用」など活発な意見が出されました。

学生のコメント

  • 10代・20代にも参加しやすい事業・企画を行うことが、信用金庫を知ってもらう機会となると思いました。
  • 多少強引にでも、まずは金沢信用金庫を知ってもらうことが、口座開設のきっかけになるのではと思いました。
  • 何よりも知名度が大切なのだなと思いました。