OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2016年度 ]

【留学】ハンガリーからの留学だより #3

2017年01月13日 国際交流

ますますグローバル化が進む現代、本学の学生たちも自分を超える力をつけるために海外で学び、日々努力しています。 現在交換留学生としてハンガリーのコドラニ ヤーノシュ大学で学んでいるN.Hさん(人間科学部こども学科3年次 石川県 星稜高等学校出身)からレポートが届きました。

About School

These days, I have a lot of task to do. In the beginning of the semester, I could study well in advance because teacher did not give us so many assignments however, we do not have enough time to sleep and make the dish due to upcoming next final exam and countless presentation. We do not have enough space in dormitory so I decided to use CEU university.
Recently I have acquired many presentation in various class. In general, It is rare for me to presentation by myself as teacher love to corporate in the group. In the class of Asian and Europe in the Changing World, teacher created one group that I join. This group has me and two Kazakh girls who cannot have enough ability to speak and understand English. I was truly surprised that they cannot speak it fluently as every international student that I met good at using English. They always pretend to make the face that they know everything however, after she finished speaking they asked me to act as interpreter. I do not want to be their keeper but I had to take care of them as we had group presentation. It takes much time to communicate with them using English. Sometimes they told me to use google translation but I am dead set against doing it because it is not useful for their study and it takes thousands of hours to write everything that professor said.

I do not know it is fortunately or unfortunately but we live in the same dormitory. After finishing class, we prepare to make the presentation at home every time. One of my friends who is Kazakh helped me to interpret but she gave up as they even did not know what they should do after finishing her interpretation. (I and she were completely understood.) 
She recommended me to change the group because she thought that they wasted my time. I want to do that but unfortunately owing to the lack of the time I cannot do it. I tried to look after them every time when they are in the dormitory. I know the teacher would evaluate as not one person but whole group so I want to prepare the perfect presentation. Finally, I could receive first prize in the class but I thought I will not do it next time.

About holiday

One of my Kazakh friend reach her birthday and she decided to spend her birthday in Szentendre, Hungary. Szentendre is a city which is known as a beautiful and tranquil. It was a first time for me to go to the other city in Hungary thus I was so excited.

In general, Kazakhstan people celebrate their birthday in restaurant or hotel. According to the other friend of Kazakhstan It is normal to invite over one hundred people in the birthday party. They invite their friends, family, relative, the friends of relative and so on. I did not believe it when I hear it however every Kazakhstan people said me the same thing therefore I thought it is true. This time, she cannot invite them in Hungary as she wanted spend her birthday in the most beautiful city in this country. When I arrived here, I thought it is very different from Budapest. The view in Szentendre was like fairy tale especially house and there are only few people to visit there. I immediately fell in love this beautiful and small and silent city. We walked around the whole city, and went to the restaurant to cerebrate her. She was really delighted to visit there and celebrated her birthday with us. During walking around the city, she gave us Langos whish is traditional Hungarian food. In Kazakhstan, when people want to take place birthday party, they book hotel or restaurant and prepare birthday food. She said me that it is instead of birthday food. The other Kazakhstan friends told me that they have same food, Langos in their country. Kazakhstan, Turkey and Hungary were basically same ethnic group, Quriltai therefore, these country have similar food and culture. When I heard it, I was really impressed as I did know it and I met every people, Kazakh, Turkish, Hungarian but everyone has different face. It was very interested for me. I was very satisfied this day because I could know much more knowledge about Kazakhstan and see her beautiful smile.

授業に関して(英語・専門科目)

期末テストが近づいているので、最近必死に勉強しています。学期の始めの頃は宿題もあまり出されず、講義形式の授業ばかりだったので優雅に生活を送っていたのですが、この頃は毎週プレテストやプレゼンテーションがあるので忙しい毎日を過ごしています。
私は授業数が人よりも多いので、いつもかかさず寮のリビングで復習していたのですが、テストが近づくにつれ勉強する人の数が多くなり今では席の取り合いです。プレゼンテーションは私一人でするのではなく、グループで行うことが多いです。Asian and Europe in the Changing World という授業でも、グループプレゼンテーションをすることになったのですが、グループになった相手の作業の仕方が少しいい加減なところがあったので困りました。
プレゼンテーションの内容は架空の旅行会社を作り、ターゲットの客層や宣伝方法を考えて発表するというものでした。先生がグループを指定したのですが、私以外のカザフスタン人の2人が全然英語が分からない2人だったので、コミュニケーションをとるのにとても時間がかかってしまいました。先生の前だと分かったような顔をして頷いているのですが、話が終わるとすぐに私に通訳してと言ってくるので本当に驚きました。私がどんなに簡単な英語を使っても全然理解しようとせず、最終的にグーグル翻訳を駆使して会話しようとしてくるのでとても疲労感が増しました。彼女たちは私と同じ寮に住んでいるので、授業が終わって学校から帰った後打ち合わせをすることが多かったです。先生が言っていたことを通訳するのに大半の時間を取られていたので、同室のカザフスタン人の友達に通訳をしてもらったのですが、言葉は通じても何をすればいいのか分からなかったみたいで、友達からも「絶対グループを変えてもらった方がいいよ。」と助言をされたほどでした。
グループを変えてもらおうにも時間がなかったので、プレゼンテーションは一緒に作ることにして、全てを自分なりに修正することにしました。その甲斐もあってか、私たちのグループはプレゼンテーションで1位になりましたが、その結果に至るまでの道のりは本当に苦労ばかりでした。

学習環境・キャンパス・学生交流等について

最近勉強する人の数がすごく増えて場所が足りなくなったので、CEU大学の図書館を借りることにしました。図書館内はすごく広い上に、英語の本しかないので勉強するにはとても良い場所を見つけられて本当に嬉しいです。
学期の初めは同じ留学生と過ごすことが多かったのですが、最近はハンガリー人の学生と話すことも多くなってきました。私の文房具にすごく興味をもったみたいで、逐一観察してきます。この間はムーミンのキャラクター、ミーのクリアファイルを持っていたら、「これは玉ねぎみたいで可愛くない。」と言われました。個人的にすごく可愛いと思っていたのですが、そう言われると玉ねぎにしか見えなくなった自分にショックを受けました。

ホストファミリーや寮での生活について

最近寮の皆で管理人をこらしめられないか相談しています。
寮に住んでしばらくは何も問題はなかったのですが、この頃は熱湯が出なかったり、Wi-Fiが全く繋がらなくなったり、暖房が入らなかったりと、災難が山積みになっていてかなり困っています。カザフスタン人の子達はほとほと愛想が尽きたみたいで他のところへ引っ越そうとしていたのですが、管理人からは「学校と契約しているので、12月分の家賃を払ってからでないと引っ越しは出来ない。」と言われ、烈火のごとく怒り狂っていました。
問題が起こる度にみんなでメールや電話をするのですが、無視されることもあり、私自身も怒りがこみ上げることがあります。ロシア人の子達が管理人に、「これ以上問題を放置して置くと学校に連絡します。」とメールを送ったら、しぶしぶ直しに来てくれたので驚きました。
最近気温が下がってきて、最低気温がマイナス5度ほどになったので、夜は本当に寒いです。暖房がつかなくてとても寒かったので、自分の部屋よりも人がたくさんいるリビングに入り浸っています。寒いので夜な夜なカザフスタン人の子達がリビングで大音量の音楽を流して踊っています。「踊ったら暖かくなるよ。」と言われて、私もドンドコ踊りました。やはり体を動かすと本当に暖かいですが、もう真夜中を過ぎていたので、私の同室のロシア人の子に「もう少し静かにして。」と怒られてしまいました。
管理人とのコミュニケーションには苦労しますが、開放的な気分になれる寮が大好きです。