OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2016年度 ]

第3回世界ろう者陸上競技選手権大会日本代表に森光選手が決定

2016年06月14日 TOPICS

第3回世界ろう者陸上競技選手権大会ブルガリア大会(6月25日~7月3日)において、中距離1500m日本代表として、金沢星稜大学人間科学部スポーツ学科3年次 森光佑矢選手の出場が決定しました。
森光選手は1500m日本聴覚障害者陸上競技協会公認日本ろう記録(3分59秒20/2016年6月現在)保持者でもあります。そんな森光選手に今大会へ向けての抱負を含め、インタビューをしました。

森光選手インタビュー

■世界大会出場決定おめでとうございます。

ありがとうございます。

■大会に向けて調子を整える為に何かしていますか?

僕は、音楽を聞いていますね。back numberとか、最近はAAAを聞きました。
精神面を整える以外にも、大会の1週間前には糖分や炭水化物を多く摂るため「高糖質食」を食べるようにしています。「グリコーゲンローディング法」といって、トレーニングで肝臓や筋肉中の中のグリコーゲンを一度枯渇させてから、再度蓄積する方法です。そうすると体内のグリコーゲンの量がさらに増加します。グリコーゲンは筋肉のエネルギー源になるので、持久力を伸ばすことにつながります。それをすることで試合の時に十分力を発揮できる、と大学の授業で学びました。
ほぼ毎日、授業が終わってから3時間ほど練習をしていますが、食事付きのアパートなのでとても助かっています。 今はシーズン中なので、練習も"量よりも質を重視"しているのでそれほど遅くまで練習しないのですが。

■体調管理は大変ですか?

実は故障で1、2ヶ月走れなくて、最近また走り始めました。
復帰したときは走る感覚が全然変わります。また、中距離選手は心肺機能がとても大切なので、それが衰えることが一番心配です。
故障していたときは走る以外のことでカバーしてきました。例えば、水泳やバイクトレーニングです。
■森光選手は高知県出身ですが、なぜ金沢の大学を選んだのですか?

一番魅力を感じたのは、日本海側で始めてつくられたブルートラックです。井上先生が誘ってくださったことも、金沢に来た理由のひとつですね。
世界選手権やオリンピックもだいたいブルートラックで行われていて、集中力を高めるブルーの効果で好記録が生まれやすいと言われています。 僕は中距離(800m、1500m)が専門なのですが、最初にブルートラックを走ったとき、それまでとは違う雰囲気を味わいました。
今は毎日そこで走っているので、たまにはオレンジのトラックも走りたいなと思うこともあります(笑)

■陸上をやっていて一番楽しいと思うのはどんなときですか?

それはもう、勝ったときです。自己ベストを更新できたときや優勝できたときもですね。ベストを更新できてなくても、自分が今持っている力でパフォーマンスを十分発揮できたときが一番やり甲斐を感じますね。感情が高ぶって、ガッツポーズをしたくなります。
 

■陸上の競技の中で一番つらいと言われる中距離ですが
 
逆に、やりがいがあります。
中距離は短距離のスピードと長距離の体力を要求される難しい種目だと思っています。

■ライバルはいますか?


ライバルですか?自分です。 目標としている選手はセバスチャン・コー元選手や、800mの世界記録を持っているデイヴィッド・レクタ・ルディシャ選手。憧れです。 
すごい長身でストライド走法なんです。800mのラストはスプリント勝負なんですけど、普通はピッチ走法をするところをストライド走法で勝つと言うところがすごい。積極的なレースにすごく憧れます。
800mは8人の選手で一斉に走るのですが、彼は世界記録を出したときも自分からレースを引っ張ってそのままゴールしました。
自分でペースをつくるのも難しいですし、先頭を走る時には力みも出たりすると思うのですが、それでもあのタイムをたたき出したのはすごいなと思いました。
■これまでも世界の人たちと戦ったことがあるのですか?
 
昨年のアジア大会が初めてです。だから今回が2回目です。
アジア大会は台湾で開催されたのですが、選手達はそれぞれ違って、試合前に話しかけてくる人がいたりして、どこで勝負をかけられるかという精神的な駆け引きが怖かったです。

■来年のデフリンピック選手候補にもなっている森光選手ですが、何か準備をしていますか?

とりあえず今回の世界選手権で3位入賞したいと思っています。
3位に入賞すると自動的にデフリンピック出場権を獲得できるんです。 あとは、走ることです。
それから体調を崩さないように、日頃から体調管理をしています。

■ブルガリアでの世界大会に向けて意気込みを

3位入賞です。
故障から復帰したばっかりなので、現実的に考えてます。

-ありがとうございました。応援しています。がんばってください!