OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2016年度 ]

【留学】マレーシアからの留学だより #5

2016年09月30日 国際交流

About School

The long holiday started from the end of July, however, I got a disappointing results of final exams in the middle of August. It showed that I had to take re-sit examination in two subjects which were Introduction to International Business and Research Methods and had to take re-sit exam and submit course work all over again in International Economics Theory and Policy.
Although I studied hard for final exam, these results let me realize that I have to put much more efforts than I did in order to pass modules. Since I wanted to focus on subjects that there was a possibility to pass them rather than failing all subject in the result of studying all of them, I only took re-sit exams of two subjects.
I don’t know whether I pass them or not, but I don’t regret anything because I put as much effort as I could for re-sit exams:)

About holiday

My two high school friends came to Malaysia for 5 days in the end of August. Since it was the first time for one of the girls to go abroad and even to take a plain, we have been as many places as we could during their stay. We have been to most of famous places in Malaysia such as Twin Tower, Batu caves, china town and huge shopping mall.

We also went to sky bar which is a bar located just in front of twin tower and is on the top floor of the building because I wanted them to enjoy stunning night view from there. However, we were stopped to enter the bar because they said only those who above 21 is allowed to go inside. I complained a lot to them because I could enter the bar a few weeks ago when I came with my friend and they didn’t even check the ID at that time. They didn’t allow us to go inside the bar but agreed to take a photo in the entrance where we could see twin tower.

We also have been to Singapore as just one-day trip! It only costs 3,000yen for round trip tickets by a bus. Although we were supposed to take a bus at 8 AM, the bus was delayed so we ended up taking a bus at 10AM. Due to the traffic and some troubles, we arrived at Singapore at 5PM. Since we already booked a bus going back to Malaysia at 12AM, it looked like we didn’t have enough time to fully enjoy Singapore. However, we really made our trip perfect! 
We have been to a small island and enjoyed the beach. We had a dinner at reasonable local restaurant so we somehow saved some cash. We also went to famous Merlion and marina bay sands hotel to take thousands of pictures. Even though we only spent 6 hours in Singapore, we fully enjoyed it and only spent 3000yen excluding bus tickets. If you come to Malaysia, I definitely recommend going to Singapore:)

授業に関して(英語・専門科目)

7月下旬から長い休暇が始まりましたが、8月半ばにどきどきの成績発表がありました。4科目中1科目(international finance)が受かり、2科目(Research Methods, introduction to international business)が追試で、もう1科目(International economics theory and policy)は追試プラス再課題提出という自分でも予想してなかった悲惨な結果で、さすがに数日間は心が折れました。

私が受けた科目の期末試験は全て記述式で、例えばinternational financeは計算問題が4割ほど、残りは現代社会で起きている問題の記事などが与えられ、それを授業で習った理論などを交えて説明していくといった形式でした。他のinternational economics theory and policyとintroduction to international businessは更に難しく、マレーシアの経済状況などの記事を読んで、いくつもの理論と自らの意見を交えて述べなければいけない問題など、とにかく全ての問題に対して長文で答えなければいけませんでした。試験時間は3時間程ありましたが、どの科目も時間ぎりぎりに書き終わっていました。
また、英語で専門的な記事を読んだり、それについての解答を書くのに時間はかかりますし、もちろん分からない専門的な言葉もたくさん出てきます。日本の大学の期末試験では選択問題や短い文を書くのがほとんどだったので、私も含めてほとんどの学生がテスト前にとにかく暗記して挑んでいたと思います。ですが、テイラーズ大学での期末試験では私なりに授業内容を全て見直して、理解して挑んだつもりだったにも関わらず、結果的に1科目しか受かっていなかったので、今よりも更に努力してどうしたら点を取れるか考えなければならず、現実は厳しいなと感じました。

追試期間まで残り1週間程。3科目分全てを追試に向けて勉強して、再課題提出も終わらせられるかどうかを考えました。
全てを頑張るべきところではありますが、各科目に対する理解や勉強の質が落ちて、結果的に全科目単位を落とすことになるのは避けなければならず、受からなかった科目をもう一度しっかり理解したいと思ったので、追試の3科目中2科目のみを受験することにしました。
デンマークの大学に通っているポーランド人の友達は、しっかりすべての単位を取れていて、私が追試になったと話したら、「彩香は日本の大学で全部日本語での授業を受けていて、英語の授業とか試験に慣れてないのもあるし、僕より難しい科目を受講していたからしょうがないよ!追試絶対受かるから頑張ってもう一度勉強してみるのがいいと思うよ!」と言ってくれました。他の留学生やマレーシアの学生もそうですが、英語を話せるだけではなく、英語で専門的な事を学んで理解して、将来に活かそうとしている姿勢に尊敬の念を抱きます。
私も残り1学期になりましたが、出来るだけ自分の理想に近づけるよう頑張りたいと思いました。

学習環境・キャンパス・学生交流等について

夏休みの期間でも図書館やレストラン、ショッピングモールまでのバスが運行していたので、とても便利で生活しやすかったです。

ホストファミリーや寮での生活について

ルームメイトのお婆さんが、カザフスタンから8月の初めから中旬までマレーシアに来る予定だったのですが、なんとお婆さんのパスポートの有効期限が切れていたことに、カザフスタンの空港について初めて分かったらしく、日程を変更してマレーシアに到着しました。
お婆さんは英語が話せない方でしたが、簡単な英単語やルームメイトの通訳を介してコミュニケーションをとっていました。
私のお婆さんは夜の7時になると寝て、朝は5時くらいに起きる人なので、そのお婆さんが毎日夜中の1時にベッドに入りお昼の12時頃に起きていたので、とても驚き、ある意味パワフルだなと思いました。 私の友達2人も同じ時期に日本からマレーシアに到着したので、1週間ほど狭い思いをして5人で生活していました。
そこで起きたのが「ベッド事件」で、私たちの部屋にあるベッド2つと小さいマットレス1つをどう使って5人で寝るか、ルームメイトと話し合いになりました。私の中では比較的大きいベッドに2人ずつ寝て、小さいマットレスは1人用だろうと思っていましたが、ルームメイトは、「腰の悪いお婆さんが私のベッドで、私はマットレスで寝る。」と言い張って譲りませんでした。無理やりお婆さんとベッドで寝てほしいとは言えないので、仕方なく3人で私のベッドで寝ました。
このように、寮での共同生活では、それぞれの持つ文化の違いや、考え方の違いに奮闘する毎日を送っています。